葉加瀬マイ 2018年11月29日号

タレント業不発の橋下徹が衆参ダブル選挙出馬へ(2)

掲載日時 2016年04月15日 14時00分 [政治] / 掲載号 2016年4月21日号

タレント業不発の橋下徹が衆参ダブル選挙出馬へ(2)

 テレ朝の制作体制にも責任はあるという。
 「当初、マツコ・デラックスや坂上忍、有吉弘行なども出演すると噂されていたが、スケジュール調整ができなかったようです。橋下ありきで番組を進めた結果、上っ面ばかりで中身が空っぽになってしまったんです」(番組事情通)

 この橋下氏の不人気ぶりに慌てているのが、テレ朝上層部だ。4月から『ビートたけしのTVタックル』が日曜午前11時55分放送となり、その後番組として『橋下×羽鳥の新番組(仮題)』(月曜23時15分〜)が始まるからだ。
 「裏には日テレの『NEWS ZERO』やTBSの『NEWS23』という強豪が控えている。正直、『橋下×羽鳥の〜』は苦戦するでしょう。『TVタックル』は平均して視聴率7〜10%前後を取っていた。今回のリサーチの結果、想定される視聴率は5%がいいところ。たけしさんにも義理を欠いてしまうんです」(テレ朝関係者)

 焦っているのはテレ朝だけではない。復帰番組がシングル視聴率を叩き出したことで橋下氏に対する他局の評価もダダ滑りなのだ。
 「特に『行列のできる法律相談所』などの番組で内々に出演オファーしてきた日テレは、ドン引きです。7月期や10月期の某レギュラー番組で司会候補として名前が挙がっていたが、これで完全に消えました」(日テレ関係者)

 大型情報バラエティー特番の司会として橋下氏起用を検討していたTBSも日テレと同じような状態だ。
 「橋下さんのキャラ設定の難しさに、改めて気が付いた。しばらくは様子見ですね」(TBS編成関係者)

 ワイドショーなどでコメンテーター起用を検討していた凋落著しいフジテレビでさえも及び腰。
 「次期改編では起用はありえないですね。もっと毒舌を吐いたり、避けている政治にもコメントできるようになったら考えますよ」(フジ系制作会社幹部)

 しかし、当の橋下氏本人は余裕綽々だという。
 「今後もいまのキャラクターを変えるつもりはない。テレビ朝日を選んだのも安倍首相とベッタリだから、途中降板しても理解が得られやすいからでしょう。今夏、衆参ダブル選挙になれば出馬する計算もあるのでは」(政界関係者)

 政界復帰は安倍首相の出方にかかっている。

関連タグ:橋下徹

政治新着記事

» もっと見る

タレント業不発の橋下徹が衆参ダブル選挙出馬へ(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP