菜乃花 2018年10月04日号

オートレース 梅雨時で「雨巧者」に注目!

掲載日時 2016年07月06日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年7月14日号

 関東地方は梅雨真っ最中で、鬱陶しい天気がしばらく続きそうだ。
 他競技に比べ、天候により劇的にレースの流れが変化するのがオートレースである。
 今回は7月7日から普通開催が同時に開催される川口オート、浜松オートに出走する「雨巧者」について紹介していきたい。

 まずは川口オート。青木治親、釜本憲司、加賀谷建明、篠崎実、増田伸一、長谷川啓、落合淳、伊藤弘幸、相馬康夫、山崎潤が言わずと知れた雨巧者。中でも相馬の最近は自信に溢れ、連戦連勝、試走タイムが見劣りしていても狙ってみたい。逆に釜本、山崎は相手が誰であろうと◎が付く実力者だが、両者共に療養明けのレースでどこまでレース勘が戻るか未知数。ただ、課ハンに恵まれそうで、雨天に関しては試走さえ出ていればいきなり狙ってみる手もある。

 そして浜松オート。金子大輔、木村武之、佐藤貴也、仲口武志、高橋貢、吉原恭佑、荒尾聡、鈴木静二、長谷晴久、広瀬豪彦、金山周平、栗原勝測、鈴木幸治、木村義明、田中竜二あたりが安心して狙える巧者だ。知名度は高くはないが、吉原の雨天のスピードは相当で、超一線級とも互角に戦える技量がある。逆に木村はやや波があり、土砂降りはいいが、乾きはじめの湿走路で惨敗する事もあり、リアルタイムの走路コンディションはしっかり把握しておきたい。

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

オートレース 梅雨時で「雨巧者」に注目!

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP