葉加瀬マイ 2018年11月29日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 鈴木京香(50) “あげまん度”高めの美人女優!?

掲載日時 2018年06月22日 18時00分 [官能] / 掲載号 2018年6月28日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 鈴木京香(50) “あげまん度”高めの美人女優!?

 今回取り上げるのは、先月末の誕生日(5月31日)で五十路となった女優、鈴木京香。
 これを機に、長らく事実婚状態を続けていた俳優の長谷川博己と、念願の入籍を済ませた、との「噂」もあるが…。

 加齢とともに顔相がいい感じに円熟し、特にエラからアゴ先にかけて肉がついて丸みを帯び、家庭運・晩年運が上がった。
 キツい印象だった直線的な「へ」の字眉が弓なりに変化し、薄く、細く作るようにもなって、熟女らしい色香(=好色性)が増すと同時に、女性度・あげまん度もアップさせている。

 臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の張りが、若い頃と比べると薄くなり、唇にもあまり厚みがなく、鼻先が尖り気味で、性愛のポテンシャルは低め。
 一方、眼光にほどよい水気がのって乾かず、前述の眉の変化も加わって、【淫乱度】としては「3」を維持できている。
 鼻筋がシャープで金甲(小鼻)の張りが弱く、口相もおとなしく、歯列のアーチが小振りで、回数を楽しむセックスではない。もみあげが長くて濃く、男性ホルモン経由のタフさで補われるも、【絶倫度】としては「2」どまりだ。

 彼女は若い頃から額相に特徴があって、髪の生え際が左右非対称でラインがいくぶん乱れており、これは騙すつもりはなくとも男をついソノ気にさせて翻弄しがちな、悪女相の1つだ。
 ただ、鼻筋が通って正面から鼻孔が覗かず、女優としては目が小さめで切れ長でもあり、性愛には慎重な相がいくつもあって相殺できており、【尻軽度】は「2」寄りの「3」と観る。
 ちなみに彼女のように左右に広い額は、思考の視野が広く、行き届いた気遣いのできる相。また、額に玄武(左右の生え際の張り出し)がなく、眼形が目尻で下がるのは、人生も性愛もあなたまかせの相で、良くも悪くも非常に女性的な心性の持ち主だ。

 おとなしい臥蚕相とすっきりとした口相があげまん相で、弓なりに変化した眉もあげまん要素。惜しむらくは、眼形が(下瞼ラインが目尻で下がっていて)あげまん相でなく、金甲も乏しいこと。しかし、それでも【あげまん度】は「4」寄りの「3」と、平成女性としてはかなり高めだ。
 先天的名器度が現れる耳穴の下のミゾが良形ながら、後天的名器度の指標となる口元の肉付きは薄め。口角(唇の両端)が自然に上がっているのが良相で、トータルで観て【名器度】も「3」。
 気になるのが、右奸門(目尻エリアの上半分)にある、白っぽいホクロのようなもので、これは夫婦間の気持ちのズレや(どちらかの浮気など)愛情のもつれを暗示するもの。出っ張っているので凶意はさほど強くはないものの、相学的には波乱含みと判じざるを得ない。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

官能新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 鈴木京香(50) “あげまん度”高めの美人女優!?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP