菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 優香(35) ベッドでは小悪魔に変身!?

掲載日時 2016年06月30日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年7月7日号

 今回取り上げるのは、先頃、俳優・青木崇高と結婚すると発表した、元グラビアアイドルで女優・マルチタレントの優香。
 これまでさまざまな男性との熱愛が噂されてきた「恋多き女」が、意外にも交際わずか半年のスピード婚でゴールインするようだ。
 デビュー当時と比べ、吊り上がった眉が丸みを帯び、乾き気味の眼光に水気がのって、頬骨の張りも穏やかになった。いい感じに年を取り、優しく、女性的な顔相に変化している。
 性感・性欲のバロメーターである臥蚕(下瞼の睫毛が生えている部分)がやや萎み、サヤエンドウ形のラインも年齢相応に崩れ気味ながら、肉付きの増した鼻と豊かな潤みをたたえ始めた目が、三十路女性らしい熟れた好色性をもたらしている。

 彼女は(30代になってから目立たなくなったが)左右で目の形・大きさが異なる雌雄眼の持ち主で、生来的に男心をくすぐるカンのよさを持っている。
 歯が内向きに生え、受動愛の下唇がふくよかで、目頭に切れ込みがあるのは、甘え上手でベッドに上がれば小悪魔に変身し、男の淫心を煽る技に長けている相。【淫乱度】は「3」寄りの「4」と高い。
 歯列のU字が小振りながら、門歯が大きく、金甲(小鼻)も丸く張っていて、スタミナは申し分ない。エラの張りが弱く、【絶倫度】としては「2」寄りの「3」。

 彼女は眉間が広く、丸目で、爆笑したときなど歯茎が露出しがちで、これらはすべて尻軽相。
 一方、くっきりした人中(鼻の下の縦溝)がブレーキとなり、広い額と張り出した玄武(額の両端の髪の生え際)が賢明で果敢な精神力を示しており、【尻軽度】は「2」に抑えられた。
 丸みのある眉にすっきりした口元、豊かな金甲があげまん要素で、臥蚕相がマイナス要素。若い頃は、下瞼のラインの上がったあげまん相だったが、加齢とともに垂れ目に変化した。それでも、【あげまん度】は平成女性としてはかなり高めで、「3」。
 膣道の断面と一致するとされる、耳の穴の手前にある切れ込みが広めで、後天的な膣肉の締まりと連動する、口元の肉付きと締まりも平凡。
 しかし、彼女は笑うと鼻筋に小皺の入る、名器「カズノコ天井」(膣道にコリコリとした部分があり、抜き挿しに際して勃起に強い快感をもたらす名器)の相。プラスマイナスで、【名器度】は「3」。

 ちなみに、彼女のような肌が浅黒く堅肉(かたじし)タイプの女性は粘膜部が丈夫なため、ハードなプレイが楽しめ、さらにアナルセックスなども受け入れ可能なケースが多い。
 「カズノコ天井」の相といい、男性にとっては嬉しい「特典」の揃っている優香なのだ。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 優香(35) ベッドでは小悪魔に変身!?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP