葉加瀬マイ 2018年11月29日号

妻・北川景子の子作りおあずけに「本腰挿れる“(夫)ダイゴ味”奪うな!」

掲載日時 2018年10月16日 21時00分 [芸能]

妻・北川景子の子作りおあずけに「本腰挿れる“(夫)ダイゴ味”奪うな!」
北川景子

 北川景子(32)が普段とは違った表情を見せている。10月4日からオンエアの"シチズン クロスシー"のテレビCMでそれが見られるが、相変わらずエレガントでキュートだ。

 また、来年1月期の連ドラ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)で北川がヒロインを務めることが明らかになった。
だが、それに夫・DAIGO(40)がカリカリしているという。
「SEXの切れ目が“縁の切れ目”になりはしないかと心配ですよ」(芸能レポーター)

 愛妻家として知られるDAIGOは、抑制される夜の営みに不満タラタラだという。
「同ドラマは'16年7月クールで放送されており、今度が“シーズン2”という形になります」(テレビ局関係者)

 北川演じる天才不動産営業ウーマン・三軒家万智が顧客の事情に首を突っ込み、問題を解決しながらも、しっかりと家を売りまくるという痛快ストーリー。
「当初、北川は“キャラが定着してしまう”という理由から続編に出ることを本気で嫌がっていました」(ドラマ関係者)

 北川を説得したのは、シーズン1も担当した女性プロデューサーだったという。
「どうやら、テレビ朝日で“ドル箱ドラマ”となった『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』シリーズを超えようよと口説かれ、出演を決意したようです。北川はデビュー前から米倉涼子に憧れ、意識していた部分もかなりありましたから、自身の“代表作”とする意味も含めて、OKしたようです」(芸能ライター)

 かつての北川といえば、誰もが認める美しさを持ちながら、表情が乏しく、演技も単調なところから“大根女優”の烙印を押されていた時期もあった。
「彼女が存在感を示してきたのは、いつも“男問題”。“恋多き女・共演者キラー”として、数多くの浮名を流してきました」(芸能レポーター)

 そんな北川と'16年1月に結婚したDAIGOは、「趣味は奥さん」というくらいの愛妻家。
「時間があれば、彼女の撮影現場に顔を出すし、電話連絡やメールもしょっちゅうです」(芸能関係者)
つまりは“心配”で仕方がないのだ。
「結婚会見でDAIGOは、“子供は1、2、3人ぐらい”と、おどけて話していたように、とにかく早く欲しいんです。そろそろそうですよ」(音楽関係者)

 そこへ入ってきた、妻の1月連ドラ出演の知らせ。
「どんな格好で“中出し”しようかと考え、楽しみにしていたDAIGOは大激怒。まさかの“おあずけ”に、『オレのダイゴ味奪うな!』と言い放ったようです」(前出・芸能ライター)

 “本腰を挿れて”子作りしようと考えていたDAIGOにとっては、怒った“サオ先”をどこに持って行ったらいいのか…「U・S・K」(浮気しちゃうかも)よ。

芸能新着記事

» もっと見る

妻・北川景子の子作りおあずけに「本腰挿れる“(夫)ダイゴ味”奪うな!」

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP