森咲智美 2018年11月22日号

仰天! 元貴乃花親方が“親”として『貴ノ岩訴訟』を引き継ぐ可能性

掲載日時 2018年11月09日 20時20分 [スポーツ]

仰天! 元貴乃花親方が“親”として『貴ノ岩訴訟』を引き継ぐ可能性
画像はイメージです

 貴ノ岩が元横綱の日馬富士関から受けた傷害事件を巡る損害賠償の訴訟を取り下げたのは、10月30日。しかし、これで一件落着とはいきそうにない。“裁判のシーズン2”が始まるかもしれないのだ。

 「貴ノ岩が日馬富士に要求した賠償金は、約2400万円。その約2400万円の内訳が実に綿密で、治療費や慰謝料だけではなく、休場したことよる今後の出世、休場していた間に得られた報奨金などが細かく計算されていました」(全国紙社会部記者)

 敏腕の弁護士が後ろ楯になったようだ。弁護士といえば、かつての師匠・元貴乃花親方についても気になる情報がある。

 「元貴乃花親方が角界を辞めるまでに追い込まれたきっかけも、貴ノ岩が受けた傷害事件でした。元貴乃花親方は角界と戦っている際、弁護士にも相談していましたね」(スポーツ紙記者)

 しかし元貴乃花親方は角界に敗れる形となった。傷害事件の被害者である貴ノ岩も今回の訴訟取り下げによって“泣き寝入り”状態に追い込まれたのだが…。

 「元貴乃花親方は、弁護士や事務所でいろいろと相談をした結果、法律に詳しくなったようです。貴ノ岩の泣き寝入りを快く思っていないらしく、そろそろ何か動きがあるのだとか」(同・記者)

 貴ノ岩が訴訟を取り下げた理由は、自身も明かしていたように、母国・モンゴルで家族が猛烈なバッシングにあったため。また、新たな師匠となった千賀ノ浦親方も、裁判が長期化した際のイメージダウンを懸念していたという。

 「しかし民事訴訟裁判は、たとえ当事者が訴えを取り下げても、それに近い人が訴え直すことができます。元貴乃花親方が貴ノ岩に代わって裁判を起こすのなら、相撲協会は“角界を辞めた者同士の争いごと”なので口出しできません」(法曹関係者)

 部屋の弟子たちを「これからは、親方ではなく、お父さんとして応援していく」とも語っていた元貴乃花親方。自身も協会に言いたいことはゴマンとあるはずだ。

 “息子”の無念を晴らすため、オヤジとして立ち上がる可能性は高い?

スポーツ新着記事

» もっと見る

仰天! 元貴乃花親方が“親”として『貴ノ岩訴訟』を引き継ぐ可能性

Close

WJガール

▲ PAGE TOP