RaMu 2018年12月27日号

貞淑美女タレントの性白書 芳根京子 男関係を徹底マークされるNHK朝ドラヒロイン(2)

掲載日時 2016年10月31日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2016年11月3日号

 さて、芳根京子は1997年2月28日、東京生まれの19歳。
 「父・母・兄・祖母(故人)の5人家族で、幼稚園の頃からピアノとフルートを習う“お嬢様”だったそうです」(前出・小松氏)

 お嬢様らしい、こんなエピソードも。
 「3歳の頃から、よく街でスカウトされたそうです。1日で5回も声をかけられたほどの美少女でした。アーモンドのような形の目がチャームポイント」(前出・テレビ局関係者)

 中学では吹奏楽部に入ったが、中学2年のとき突然、大病が襲う。
 「四肢に力が入らなくなる『ギラン・バレー症候群』を発症したんです」(ワイドショー芸能デスク)

 ギラン・バレー症候群は国の特定疾患に指定されている病気で、筋肉を動かす運動神経に障害が起こり、顔面麻痺や呼吸困難の症状が出る場合がある。
 「人口10万人あたり年間で1〜2人が発症すると言われており、'09年に亡くなった大原麗子さん、'12年に亡くなった安岡力也さんも患っていました。芳根は完治していて支障はありません。大病を経たことで、むしろ芯の強い女性になったようです」(前出・芸能レポーター)

 そして、高校1年生の夏に上地雄輔のコンサートを見に行ってスカウトされ、芸能界へ。
 '13年のドラマ『ラストシンデレラ』(フジテレビ系)で女優デビューを果たした。
 「このドラマで主演を務めた篠原涼子が憧れの人。いまの所属事務所の先輩でもあります」(前出・テレビ局関係者)

 番組の発表会見では、
 「朝ドラのヒロインは大きな目標であり、夢でした。自分らしさを忘れず、自分の意思を持って演じていきたいと思います」
 と力強く抱負を語っていた芳根だが、すでに『花子とアン』で仲間由紀恵が演じた蓮子の娘役で出演していた経緯がある。
 「ヒロインオーディションでは『まれ』『あさが来た』『とと姉ちゃん』と3回連続で挑戦しましたが、いずれも落選。今回、3度目の正直ならぬ“4度目の正直”で2261人の中から選ばれたんです」(前出・芸能レポーター)

 昨年夏のドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)では、約1000人参加のオーディションを勝ち抜いて、念願の主演をゲットしている。
 「その演技力や魅力は、他の新進女優たちから“一緒にオーディションを受けたくない女優No.1”と言われ、恐れられています」(芸能プロ関係者)

 もっとも、この先彼女に心配がないわけではない。
 「何といっても健康面。スリムすぎます。ウエストなど50センチくらいにしか見えません。『ローマの休日』のオードリー・ヘップバーンのウエストより細いんじゃないでしょうか」(写真誌カメラマン)

 トマトが大好きで、いつも大きなトマトを丸ごと食べているという芳根。健康には自信がありそうだが…。
 「朝ドラの収録スケジュールは、ハードなんてもんじゃありません。週単位で見ても、ヒロイン役にオフはほとんどありません。セリフの量も、他の演技者の2〜3倍ある。収録はまだ半年ほど残っています。細心の注意が必要です」(ドラマ関係者)

 そして、男関係だ。
 「この朝ドラのヒロインが決まった頃に、それまで親密に付き合っていた同い年の俳優と別れたという噂が飛び交っています。男より仕事を取ったというわけです。もちろん、このドラマ放送中のスキャンダルはNG。プライベートはありません。せいぜい、このドラマの共演がきっかけで意気投合した『ももいろクローバーZ』の百田夏菜子と“女子トーク”するくらいでしょう」(前出・ワイドショー芸能デスク)

 高畑とのヒロインバトンタッチ会見で、「最後まで走り切りたい」と、意気込んでいた芳根。女優として、このドラマが試金石となるのは間違いない。

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書


芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 芳根京子 男関係を徹底マークされるNHK朝ドラヒロイン(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP