鈴木ふみ奈 2018年11月1日号

“超絶美少女”中条あやみの後塵を拝する香里奈の苦渋

掲載日時 2018年09月23日 22時00分 [芸能]

“超絶美少女”中条あやみの後塵を拝する香里奈の苦渋
中条あやみ

 中条あやみ(21)主演の映画『3D彼女 リアルガール』のキャラクターPVが披露された。一足先に試写を鑑賞した観客からは、「中条あやみ史上、最もかわいい。『男子が中条に恋する感覚』を知った」と大絶賛だ。
さらに女性の憧れの舞台であるファッションショーに、主役として中条が登場した時には「超絶かわいい」との声があちこちから上がり、会場は沸騰のルツボと化した。しかしその陰で、かつて女王だった香里奈(34)の苦悩が見え隠れしているというから、話は穏やかではない。

 「奇しくも中条と香里奈は同じ事務所。あのSEXスキャンダルがなければ、このようなことにはならなかったはず。騒動以降、彼女の落ち目っぷりは哀れの一言。今回も、10歳は老けて見えてしまった」(女性誌記者)
 そのファッションショーとは、9月1日にさいたまスーパーアリーナで行われた『第27回 東京 ガールズコレクション 2018(TGC)』。中条と香里奈は共に出演したのだが、中条はTGCのホームページにトップ写真で掲載される扱い。対して香里奈はゲスト出演。その対比が、時代の流れを感じさせた。

 「翌日の各情報番組でも、各局ともに、その時の様子を映像で流して紹介したのですが、特別ゲストの渡辺直美に加え、シークレットゲストとして香里奈もサプライズ出演しているのにもかかわらず、女優やモデルとして超売れっ子の中条の映像が中心。香里奈はオマケ的に紹介されただけで、まさに、蚊帳の外といった扱いだったのです」(同)

 香里奈は'14年、留学先のハワイで泥酔してベッドに寝ている写真が一部写真誌に流出。黒のパンティーは穿いているものの、自ら開脚し、性器を触る過激写真だったことから、大騒動に発展した。
「それまでの香里奈というと、美人で格好よく、“彼女にしたい女優”の№1でした。ところが、流出写真が掲載されるや、人気が急落し、活動休止に追い込まれるまでになってしまったのです」(アイドルライター)

 その後、芸能界復帰するも、鳴かず飛ばずの日陰の身。7月期の連ドラ『高嶺の花』(日本テレビ系)でもサプライズ出演をしたが、話題になることもなければ、ドラマも低視聴率で沈没。女優運のなさも露呈した格好だ。
「同じ事務所の後輩である中条が、今やCMやモデル、女優を中心に引っ張りだこ。かつて絶大な存在感で男性誌でも抜群人気だった香里奈は、もはや21歳の中条に看板女優の座を奪われそうな気配です。1度、痴態がバレているのだから、開き直って“性器出し全裸ヌード”でもやって復活をかけた方が賢明ですよ」(同)

 若さが“美”を制するのは世の常。香里奈が中条の後塵を拝するのも時代がなせるワザか。残酷だが、若さの前に屈するのは仕方のないことかも知れない。

芸能新着記事

» もっと見る

“超絶美少女”中条あやみの後塵を拝する香里奈の苦渋

Close

▲ PAGE TOP