菜乃花 2018年10月04日号

岡副麻希 “黒ギャル”ブームで長い脚のお色気アピール

掲載日時 2016年04月29日 20時00分 [女子アナ] / 掲載号 2016年5月5日号

 “黒ギャルアナ”ことフリーアナの岡副麻希(23)が、一大ブームを起こしそうな勢いだという。
 「彼女は'14年に、フジテレビの『めざましテレビ』に現役女子大生キャスターとして抜擢され、現在は『めざましテレビ アクア』に出演しています。女子アナらしからぬ肌の黒さに、男性はもちろん10代女性からも注目されており、黒ギャルブームが再来するのではないか、と言われているんです」(芸能記者)

 たしかに民放各局を見渡しても、日焼けした女子アナは岡副ただ1人だけ。
 「彼女は、スポーツの名門校である大阪桐蔭高校を卒業後、早稲田大学に進学。大学在学中にはスイマーとして活躍したのです。'12年には『フィンスイミング日本選手権』において、女子1500メートルで優勝するなど、そこらにいる水泳ギャルとは違い、オリンピックを目指すほどの本格派。彼女の色が黒いのは、アスリート出身だからとも言われています」(投稿雑誌編集者・藤井直樹氏)

 岡副の実力もさることながら、ルックスも当時からズバ抜けていたという。
 「選手としての能力は、誰もが認めるほど。それ以上に彼女の美貌を一目見ようと、“岡麻ファン”がプールサイドの観客席に詰めかけ、ちょっとしたアイドルのノリだったんです」(同)

 水泳で鍛えられたボディーは、B83・W60・H80のモデル並みの体型。バストはサイズの割りにふくよかでDカップ説が有力だ。
 「水泳は今でも現役で、ワンピースのハイレグ水着を着用しているとか。特にエロいのは、スラッとした長い脚がソソるんです。そのお色気アピールは絶品で、グラドルなど目じゃない」(女子アナ記者)

 彼女といえは、今年、コナミのゲーム『プロ野球スピリッツA』のテレビCMに起用され、“真っ黒顔の野球少女”の投手として投げ込む場面が大人気。この活躍によって、女性のファッション界にも影響が出始めているという。
 「ずばり、ガングロブームの再来です。色素沈着で日焼けはマズイ風潮ではあるが、彼女の黒さが可愛いとの声が多いのです。岡副が最高なのは、やはりハイレグの下半身。男性にとってはたまらないですよ」(同)

 今は司会のうまさより、スラッとした長い脚の魅力が大事だ。

女子アナ新着記事

» もっと見る

岡副麻希 “黒ギャル”ブームで長い脚のお色気アピール

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP