NEWS小山にも「人を幸せにするとは」志村さんからお笑い談義 梅沢富美男もコントの約束していた

芸能・2020/04/03 12:55 / 提供元 リアルライブ
NEWS小山にも「人を幸せにするとは」志村さんからお笑い談義 梅沢富美男もコントの約束していた
閉じる

 4月2日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、3月29日に70歳で亡くなった志村けんさんの話題になった。前日の1日に放送された追悼特番『志村けんさん追悼特別番組:46年間笑いをありがとう』(フジテレビ系)は視聴率21.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区平均)を記録するなど、話題となっていた。

 いつもならば、木曜日の放送にはバーディとして橋本マナミが出演しているが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、妊娠中ということで大事を取り欠席となった。橋本は、志村さんの番組にも出演していたファミリーの1人であるだけに、ネット上では「やはり彼女のコメントが聞きたかった」「愛人説の真相も知りたいところ」といった声が聞かれた。

 さらに、出演者からも志村さん追悼の声が聞かれ、NEWSの小山慶一郎は「昨年の11月にプライベートでお食事をご一緒させていただいた」と語り、「こんな僕にも、『お笑いっていうのは』『人を幸せにするとは』といった話を真面目に話してくれた。もう一度お会いしたかったです」と悔しさをにじませた。

 志村さんと同じ昭和25年生まれだという梅沢富美男は「番組出させていただいて、コントもやらせていただいて。またいっぱいコントをやりましょうってお約束していたんですけど、惜しい人を亡くしたな」とコメント。さらに、現在の世の中を受けて、「どうしてもテンションが上がっていかない。じゃあ俺らが下らない話をすんだったら、こんな時にってネットで書かれるけど、そうすると人間が小さくなって萎縮して行く。いま一番大事なのは、笑うってことだろうけどね」と確認するように語り、MCの垣花正も「だからこそ、昨日の志村さんの番組がものすごい視聴率を取った」と続けた。

 これにも、ネット上で「過去の名作とか再放送して欲しい」「確かに笑いに飢えているところがあるかも」といった声が聞かれた。志村さんは世代や分野を越えて、広い付き合いをしていたとわかる放送であった。

関連記事
芸能新着記事