RaMu 2018年12月27日号

渡辺直美「ハリウッドスター持ち帰り?」米国へ“ロマン飛行”

掲載日時 2018年11月12日 21時30分 [芸能] / 掲載号 2018年11月22日号

渡辺直美「ハリウッドスター持ち帰り?」米国へ“ロマン飛行”
渡辺直美

 今年の夏、インスタで“世界を大炎上”させた渡辺直美(31)は、「みんな私の魅力にびっくりした?まだ2%しか出してないのに…」と余裕のコメントを発信した。“世界に通用するエンターテイナー”を目指す渡辺は、来年2月にも米国に進出する予定だという。

 渡辺が軸足をアメリカに移すのは2度目。前回は'14年5月から8月までの約3カ月間で、留学という形でニューヨークに飛び込んだ。

 「渡辺はその間、語学学校で1日4時間、マンツーマンで英会話を勉強。自身がモノマネでブレイクするきっかけとなったビヨンセのダンサーに師事し、本場のダンスも学んでいます」(バラエティー番組スタッフ)

 帰国後、一皮むけた渡辺は、フォロワー数820万人を誇る芸能界の“インスタ女王”となり、米国『TIME』誌が今年6月に発表した「ネットで最も影響力のある25人」に、トランプ大統領や歌手のリアーナと並んで日本人ではただ一人、選ばれている。

 「'16年には、ニューヨークを皮切りにロスや台北でワールドツアーを開催。各地でチケットが完売しました」(所属の吉本興業関係者)

 さらなる野望を抱いての渡米かと思えば、本当の目的は別にありそうだ。

 「4年前、渡辺は住む家も決めずに渡米し、1日2万円もするホテルに滞在。途方に暮れていた時、現地の知人から、イタリア系アメリカ人で、当時33歳だったジュエリーデザイナー兼会社経営者のニックという男性を紹介された。最初は、1週間だけタダで部屋を貸してくれるという話だったのが、いつの間にか同居していたんです」(芸能記者)

 この出会いが忘れられず、新たなロマンスを求めて渡米を決めたというのか。

 「渡辺のようなタイプは外国人にモテるんです。今年5月にベネズエラ人の男性とインスタにツーショット写真を載せていましたが、彼には恋人がいて、片思いに終わった。米国で男漁りをするハラでしょう」(同)

 渡辺は、7年前に吉本の先輩の平成ノブシコブシ吉村崇との仲を報じられた。

 「本当は肉体関係がなかったそうですが、噂が一人歩きしたので『試しにヤッてみようか』となった。ところが、騎乗位で直美を下から見たら『大相撲の逸ノ城にしか見えず、笑ってできなかった』と吉村が明かしています」(お笑い関係者)

 だが、吉村は「直美のテクニックはビックリするほど上手い」と付け加えている。

 「米国でも、その技を駆使してブラッド・ピット並みのイケメンを連れて帰ってくるかもしれませんよ」(前出・記者)
帰国時、羽田に降り立つ渡辺の隣には超ド級のハリウッドスターの姿があるかもしれない。


芸能新着記事

» もっと見る

渡辺直美「ハリウッドスター持ち帰り?」米国へ“ロマン飛行”

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP