美馬怜子 2018年6月7日号

マキタスポーツ、オフィス北野のツートップに!遅咲きでブレイクを果たした多才ぶり

掲載日時 2018年04月19日 13時40分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

マキタスポーツ、オフィス北野のツートップに!遅咲きでブレイクを果たした多才ぶり

 ビートたけしの独立で揺れるオフィス北野は、事務所の規模縮小が否めない。『FLASH』(光文社)2018年5月1日号では、苦しい懐事情が報じられている。たけし軍団以下の若手芸人の大きな活躍は望めないため、俳優をメインとする10人ほどの人間に期待がかかっているようだ。そこでツートップとしてあげられたのがマキタスポーツと寺島進である。

 寺島は北野映画の常連俳優として知られる。一方のマキタスポーツはお笑い、ミュージシャン、俳優とマルチに活躍するタレントであり、知る人ぞ知る存在であろう。

 「マキタスポーツは1970年生まれの48歳です。本格的にお笑い芸人を始めたのが30歳の手前と、かなり変わった経歴の持ち主です。ミュージシャンがいかにも歌いそうな内容を披露する『作詞作曲モノマネ』が代表的なネタですね。お笑いだけではなく、音楽活動やコラム執筆など幅広い仕事をこなし、浅草キッドの水道橋博士からは『才能が渋滞している』と評されていました」(放送作家)

それでもなかなかブレイクにはつながらなかった。そんな彼が注目されるのは40歳を過ぎてからだ。

「2012年に公開された映画『苦役列車』で演じた、さえない労働者の中年役でブルーリボン賞新人賞、東京スポーツ映画大賞新人賞を受賞します。さらに、芸人仲間のプチ鹿島、サンキュータツオと行っていたPodcastの自主制作番組『東京ポッド許可局』が、2013年よりTBSラジオ系で放送がはじまり、今年で都合10周年をむかえました。この番組では日清食品の『どん兵衛』を5分でなく、10分で作ると別のおいしさがあると提唱。これがネットでブームとなり、メーカーも認める新たな調理法となりました。斬新な見立てや切り口を作り出すのに優れた人物といえますね。半分冗談なのでしょうが、最近では故郷山梨に『銅像が立つような人物になりたい』とも述べています」(前出・同)

 遅咲きのブレイクを果たしたマキタスポーツが、窮地のオフィス北野の救世主となる可能性は十分にあるのだ。

関連記事
井手らっきょ、年収100万円で生活できている?
東国原は指摘していた オフィス北野、放漫経営は10年以上前から?
関ジャニ・渋谷の会見、めったにない日曜午前に行われた事情
上西小百合「私は美の極致」発言で炎上 高須院長「綺麗だから美容整形の必要ない」
「オフィス北野騒動」関わっている“たけし軍団員”ほど、仕事がない?

芸能新着記事

» もっと見る

マキタスポーツ、オフィス北野のツートップに!遅咲きでブレイクを果たした多才ぶり

Close

▲ PAGE TOP