岸明日香 2018年12月20日号

鈴木保奈美「焼けぼっくいに火」フジ“月9復活”と“関係復活”の行方

掲載日時 2018年08月10日 21時30分 [芸能]

鈴木保奈美「焼けぼっくいに火」フジ“月9復活”と“関係復活”の行方

 石橋貴明(56)が妻・鈴木保奈美(51)の不倫に怯えきっているという。保奈美が、10月から放送される月9ドラマで『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりに織田裕二(50)と共演を果たす。問題はかつて噂になったA氏が常務として権勢を振るうフジのドラマという点。 “焼けぼっくいに火”とならないか、保奈美とA氏の関係復活の行方が心配でならないわけだ。

 保奈美は1984年、高校在学中に「第9回ホロプロタレントスカウトキャラバン」に応募し、特別審査員賞を受賞したことで芸能界デビュー。当時、ブームだったフジのトレンディードラマ『東京ラブストーリー』('91年)のヒロインに大抜擢された。
 「トレンディードラマの旗手と呼ばれた、当時、フジテレビプロデューサーで現在常務のA氏が保奈美を起用したんです。ドラマは大ヒットしましたが、マスコミの間では、すでに妻子持ちだったA氏と保奈美の“不倫”が噂された。これにホリプロは激怒したのですが、A氏は一貫して否定し続けたんです」(芸能記者)

 その後、保奈美は'94年にF1解説者の川井一仁氏と結婚したが、'97年に離婚。翌年、石橋と“できちゃった婚”し芸能界を引退した。
 子育ても落ち着いたことで、保奈美は石橋が社長を務める事務所に所属し、2008年から芸能活動を再開したが、一方で石橋の一番の収入源だったフジの『みなさんのおかげでした』が打ち切りになってしまった。保奈美は事務所のピンチを救うために、10月から2本の連ドラを掛け持ちすることになった経緯がある。
 「彼女は50歳をすぎましたが、美貌はそのまま、肌艶もボディーも30代と言ってもおかしくない。A氏もまだまだ現役ですからね。石橋は不安だと思いますよ」(前出・芸能記者)

 舞台裏で「不倫スキャンダルドラマ」が展開されないことを願う。


芸能新着記事

» もっと見る

鈴木保奈美「焼けぼっくいに火」フジ“月9復活”と“関係復活”の行方

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP