岸明日香 2018年12月20日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 柴咲コウ(35) 今後セックステクニシャンに変身!?

掲載日時 2017年03月16日 18時00分 [官能] / 掲載号 2017年3月23日号

 今回は、NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』で主人公を演じる、歌手で女優の柴咲コウ。「女城主」という特異な役柄にふさわしい気丈さと行動力を備えた女相で、相学的に観て、まさに適役だ。
 10代のデビュー時、顔が大人っぽかった分、老けにくく、年齢とともに角が取れ、特に強すぎる感のあった鼻相が穏やかになって、いい感じに円熟している。
 直線的な上がり眉に目も吊り上がりで、山根(鼻の付け根)が高く鼻筋が細いのは、負けず嫌いでプライドの高い相。家庭の主婦におさまるタイプではまったくない。黒目がやや小さいので、理知的で情に流されにくく、(眉相に加えて)濃いもみあげにも男性的な気性が観てとれる。

 若い頃と比べて性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛の生えているあたり)の張りがおとなしくなった一方で、乾き気味だった眼光は水気が増した。自己愛を示す下唇の厚みがやや落ち、口元の肉付きがよくなっていて、男性側が受けるエロスの質は上がっている。
 肉の薄い田宅(上瞼)に重操紋(二重瞼とは別の半月形のシワ)が入って、小鳥目相へ移行しかけており、今後、奉仕的な性戯で相手男性を歓ばせるセックステクニシャンになる資質を持っている。【淫乱度】としては「3」寄りの「4」と高めだ。
 金甲(小鼻)は肉厚ながら張りはあまりなく、口も大きくなく、肉体的な意味での【絶倫度】は「2」と低い。頬骨が外側に広く、眉相が強くて、忍耐力や根性といった精神力で補っているものの、生来的には線は細く、セックスは淡泊な部類に属する。
 膣道の雛型とされる、耳の穴の手前にある切れ込みは平凡ながら、狭い目間が名器相で、後天的な締まりと連動する口元の肉付きも悪くなく、【名器度】は「3」。
 下瞼のラインが上がっているのはあげまん相の代表格で、おとなしめの臥蚕とすっきりした口元もあげまん要素だ。反面、吊り上がりの一文字眉が大きく足を引っ張り、金甲相でもややマイナス。しかし、トータルで観て(平成になってあげまん相は減少の一途だが)【あげまん度】も「3」と高い。

 気になるのが、(両目の)白目に黒点や赤脈が多いこと。一時的なものであれ、消えないホクロであれ、白目の黒点や赤脈は色情に溺れがちな多淫相で、剣難の意も含んでいる。
 また、彼女は人中(鼻の下の縦溝)の右寄りの鼻孔近くにもホクロがあり、異性関係や性愛、出産、子育てで災いを招きやすい。ただ、急所は外れているので(唇に近いほど、正中線に近いほど凶意が増す)、大事には到らないと観る。右下瞼にある死にボクロも、凶意は弱いが同様の相だ。
 顔相全般が強く、抑制力があって、【尻軽度】としては「3」どまりだ。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学


官能新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 柴咲コウ(35) 今後セックステクニシャンに変身!?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP