葉加瀬マイ 2018年11月29日号

指原莉乃、斎藤工も絶賛 低予算映画『カメラを止めるな』がなぜ異例の大ヒットに?

掲載日時 2018年07月31日 08時13分 [エンタメ] / 提供元 リアルライブ

指原莉乃、斎藤工も絶賛 低予算映画『カメラを止めるな』がなぜ異例の大ヒットに?

 約300万円の低予算で制作され、当初、東京都内の劇場2館で公開されていたインディーズ映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)が大ヒット作になりそうな勢いを見せている。

 同作は映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として制作された作品。

 前半と後半で大きく趣が異なる異色の構成や、緻密な脚本、30分以上に及ぶ長回しのシーンなど、さまざま挑戦を盛り込んだ野心作に仕上がった。

 劇中では「37分ワンシーン、ワンカットのゾンビサバイバル映画」を撮った人々の姿を描いている。もともと同映画は、17年11月の6日間限定の先行上映で話題を集め、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」でゆうばりファンタランド大賞(観客賞)を受賞。国内外の映画祭で高く評価された。

 今年6月23日の公開後は、SNSを中心にクチコミで評判が拡散。さらに、HKT48の指原莉乃や、ゾンビ映画の大ファンだと公言している俳優の斎藤工らがSNSで絶賛。上映館が増え続け、シネマ・コンプレックスのTOHOシネマズ日比谷など、全国で100を超える映画館での上映が決定した。

 「監督もキャストも無名の存在。大手の作品が莫大な宣伝費をかけてもなかなかヒットしない中、低予算&ミニシアター系の映画がここまでのブレークしたのは超異例」(映画ライター)

 各メディアは同作のヒットを知らせ、ワイドショーでは都内の劇場に当日券を手にしようと大勢の客が並ぶ様子を報じている。

 「本来ならば、なかなか映画賞には絡まないような作品だが、このヒットぶりを各映画賞は無視できないはず。監督賞・作品賞あたりで名の知れた賞をいくつか受賞しそうな勢い」(芸能記者)

 作品の内容からして、どこまで国内外で映画ファンが“感染”するかが注目される。

関連記事
滝沢秀明、嵐・相葉雅紀を主人公にした映画で監督デビューしていた?
“サザエさん症候群”を減少させたドラマがあった? 『この世界の片隅に』にも期待がかかる
エヴァ完結編は2020年公開…引っ張りすぎて劇中の設定時期を越えている?
“友達や知人は少ないに越したことはない”林修、SNS時代の現代人に「友人不要論」を提言 ネットで論議
浜崎あゆみ、根強い人気と注目度 TV出演のバックコーラス、生歌の配信…話題尽きず

エンタメ新着記事

» もっと見る

指原莉乃、斎藤工も絶賛 低予算映画『カメラを止めるな』がなぜ異例の大ヒットに?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP