葉加瀬マイ 2018年11月29日号

挑発行為でジム会長が謝罪 亀田三兄弟三男・亀田和毅が歩む茨の道

掲載日時 2018年08月25日 06時02分 [スポーツ]

挑発行為でジム会長が謝罪 亀田三兄弟三男・亀田和毅が歩む茨の道

 8月16日に行われたプロボクシングIBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦(東京・後楽園ホール)で、同級王者の岩佐亮佑に3−0の判定勝ちを収めた同級1位TJ・ドヘニーを目掛け、同級3位“亀田三兄弟”の三男、亀田和毅が試合直後のリングに乱入し「俺が次に挑戦する!」と挑発した問題について、亀田の所属ジムの金平桂一郎会長が23日、「皆さんに申し訳ありませんと伝えました。本人に他意はなかった。名前を売るとかそういうことではない」と謝罪したことを明かした。

 金平会長は同時に「近いうちにやらせたい」と、和毅の世界挑戦に向けて交渉していく方針も示した。
「和毅はメキシコで長いこと修行してきました。メキシコでは、王者に対して『次は俺とやらせろ』と直談判するなどは日常的に行われています。それほど目くじらを立てるほどのものでもありませんよ」(スポーツライター)

 SNSでは「久々に亀田節を見た。またひと暴れをしてくれよ」「ボクシングはああいう波乱がないと面白くない」「はっきり言って、あの挑戦者宣言は身震いがした」「早く試合を組んでやってくれ」という賞賛の声が上がった一方で、「呼ばれてもいないのに勝手にリングに上がって当日の試合の余韻を台無しにした」「新王者に対してリスペクトが足りないパフォーマンスだった」「やはり亀田家に必要なのはシツケだな」「何でそばに兄の興毅がいながら止めなかったんだ」などの批判も散見された。

 「和毅は年齢的なものもあるのか、全盛期に比べて明らかにパンチの早さも重さも落ちています。よほど相手に恵まれないと勝利をつかむのは難しいかもしれません。世界挑戦を焦るのも、年齢による衰えは待ったなしという思いもあるのでしょう」(同・ライター)

 現在、トレーナーを務める興毅との二人三脚で世界を狙う和毅は、今回の乱入を反省して地道に世界を狙うことができるのだろうか。

 世界チャンピオン返り咲きのために残された和毅の時間は、残りわずかとなっているのかもしれない。

スポーツ新着記事

» もっと見る

挑発行為でジム会長が謝罪 亀田三兄弟三男・亀田和毅が歩む茨の道

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP