葉月あや 2019年5月2日号

ボートレース ★蒲郡GⅠ開設63周年記念の見どころ

掲載日時 2019年01月19日 11時00分 [エンタメ] / 掲載号 2019年1月31日号

ボートレース ★蒲郡GⅠ開設63周年記念の見どころ
画像はイメージです

 本号発売時には、すでに芦屋GⅠがスタートしている。そして、ボートレース蒲郡を舞台に『GⅠ開設63周年記念オールジャパン竹島特別』が1月19日に開幕する。ここでは、このレースの見どころについて、有力選手をピックアップしながら紹介していきたい。

 優勝候補としては今垣光太郎、松井繁、山崎智也、守田俊介、原田幸哉、白井英治、重成一人、池田浩二、寺田祥、赤岩善生、坪井康晴、笠原亮、井口佳典、石野貴之、平本真之、桐生順平といったところ。

 中でも井口、白井は昨年末のグランプリファイナルメンバーで、ともに年始からピン(1着)を並べていた(井口は優勝)。モチベーション高く参戦するだろうし、シリーズを探る上でも中心的存在。

 また、桐生は暮れのグランプリが次点でファイナルを逸したが、年始からいきなり地元で完全Vを飾るなど好リズム。3月の地元SGに向けて、さらに勢いを加速させたいはずだ。

 そして「ホーム」である地元の愛知勢では池田、赤岩にかかる期待が大きい。共にこの大会の歴代覇者でもあり、特に赤岩は昨年、6年ぶりにGⅠを制し、グランプリトライアルにも出場した。こだわりの強い地元水面で主役の走りを期待したい。また、かつての地元である原田幸哉も再起を誓う2019年だけに、初日から目が離せない。

 大駒がそろう蒲郡GⅠ。見どころ満載の6日間だ。

関連タグ:ボートレース


エンタメ新着記事

» もっと見る

ボートレース ★蒲郡GⅠ開設63周年記念の見どころ

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP