菜乃花 2018年10月04日号

ツェツェバエに刺されると昏睡状態に至り死亡

掲載日時 2018年04月07日 12時00分 [健康]

ツェツェバエに刺されると昏睡状態に至り死亡

 体長約1センチで日本で見かけるハエと大して変わらないが、ツェツェバエは人をも死に追いやる危険生物として、アフリカでは恐れられている。

 ツェツェバエは人獣構わずに吸血する。寄生性原虫トリパノソーマ(要するに微生物)を媒介し、これが体内に入り込むとアフリカ睡眠病が引き起こされるという。

 アフリカ睡眠病の症状は、頭痛と発熱に始まり、睡眠周期が乱れ、やがて意識はもうろうとなり、昏睡状態に陥ってそのまま死んでしまうそうだ。

 感染者は7万人ともいわれ、医療施設の整っていないアフリカでは、エイズ以上に危険な病だとされている。

健康新着記事

» もっと見る

ツェツェバエに刺されると昏睡状態に至り死亡

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP