和地つかさ 2018年9月27日号

ジャニーズ弱体化で現実味を帯びる元SMAP3人組の紅白出場

掲載日時 2018年07月30日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2018年8月2日号

ジャニーズ弱体化で現実味を帯びる元SMAP3人組の紅白出場

 現在、元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(41)の3人を巡って、『NHK紅白歌合戦』への出演話が持ち上がっている。さらに、“企画枠”での出演という具体的情報まで飛び交っているのだ。
 「基本、『紅白』にはその年にリリースされた楽曲がヒットしたのかという実績が問われます。だが、企画枠はこの基準に該当しない。いわば視聴率を取るための話題作りのコーナーだと思えばいい」(制作会社プロデューサー)

 3人が、『雨あがりのステップ』をネット限定で配信したのは3月のこと。
 「当初は様子見だった音楽界だが、あれよあれよという間に20万ダウンロードに達してしまった。しかも、この曲は'20年を見据えた、“パラスポーツ応援チャリティーソング”でもあるんです。3人は日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターも務めている。社会的にも意義がある楽曲。NHKサイドも断る理由がないんですよ」(芸能事情通)

 ここで問題視されるのが、以前、所属していたジャニーズ事務所のリアクションだろう。ちょっと前なら事務所の総力を投入して横ヤリを入れてきたはず。ところが今回に限って、なぜか沈黙したままだという。
 「NHKにしたらジャニーズにそんなことを言われる筋合いはないと考えているからです。元『TOKIO』の山口達也の不祥事によって『Rの法則』(Eテレ)が打ち切りとなった。そうかと思ったら、今度は『NEWS』に未成年飲酒疑惑が報じられ、MCを務める『ザ少年倶楽部 プレミアム』(BSプレミアム)の放送が自粛。こうした不始末を棚上げにして、元SMAP3人の紅白出場辞退を迫るような力は残っていない」(芸能プロ関係者)

 ギャラも格安だという。
 「企画枠ですからね。紅白では超破格な金額になってしまうんです。おそらく1時間拘束で3万円〜がいいところです」(同)

 もし、出場することになったら話題の中心になることは間違いない!

関連タグ:NHK紅白歌合戦

芸能新着記事

» もっと見る

ジャニーズ弱体化で現実味を帯びる元SMAP3人組の紅白出場

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP