鈴木ふみ奈 2018年11月1日号

独占入手! 女子アナのヘアヌード写真集 〜最後の一枚を脱ぐ〜(2) 西尾由佳理、魚住りえ、森麻季、馬場典子

掲載日時 2014年07月01日 18時00分 [女子アナ] / 掲載号 2014年7月10日号

 住吉アナ同様、崖っぷちに立たされているのが元日本テレビのアイドルアナだった西尾由佳理(36)。これまで水着姿すらさらしていない彼女の元にも出版界からグラビアオファーが殺到しているという。
 「西尾がヘアヌードになってくれるとしたら、契約金は一気に1億円の大台に乗るのは間違いない。実は、まだまだインテリおじさん層に根強い人気があるんです。ちなみに、西尾は着痩せするタイプ。バスト86センチは日テレでも知る人ぞ知る隠れ巨乳として有名だったんです。しかも、お尻はボリューム満点で股間は特盛。まあ、最初は水着になるだけでも十分に価値がある。ミセスの午後なるテーマで、ホテルのプールサイドでハイレグの競泳水着かビキニになってくれたら最高ですね。現在、企画書を提示しリアクション待ちの状態です。もしかしたら、もしかしますよ…」(写真集コーディネーター)

 現在、西尾の地上波レギュラー番組は『世界HOTジャーナル』(フジテレビ)一本のみ。かつてはプライドの高さから“フリーアナ界の貴婦人”などと囃し立てられていたが、最近は知り合いのキー局プロデューサーに自ら売り込み電話を掛けるほど危機感を抱いているという。
 西尾、えり好みはしていられない。

 実は、いま出版界で密かなブームとなっているのが元局アナによるヌード&グラビア写真集の出版だ。
 今年に入ってから元日本テレビの脊山麻理子(34)を筆頭に、元テレビ東京の亀井京子(31)らが続々とグラビアに登場し、各方面に大きな衝撃を与え大人気となっているのだ。
 「その中でも、需要が高いのが元TBSの小島慶子(41)が開拓した熟女モノ系です。年齢とボディーのギャップがあればあるほどいいんです。小島も超ビキニを披露し久々のヒットを記録した。生活臭のあった小島の肢体はかなりエロかった。脱いだら凄いギャップがあれば、売れるのは確実ですよ。地方局アナは別として、残念なのは元キー局アナでヘアヌードを公開したアナがいないこと。住吉に当確情報が出ているが、実現したら出版史に残る快挙ですよ」(出版事情通)

 “脱がせ屋”と呼ばれる出版コーディネーターの間で「抜群のエロい素材」といして必ず名前が挙がるのが、元日本テレビの魚住りえ(42)だ。
 「魚住のバストは推定98センチ。世が世ならグラビアアイドルになっていても不思議ではない存在です。彼女は一昨年、4歳年下の会社員と再婚したものの、主な活動はしていない。ある意味、口説く大チャンスです。契約金は取り敢えず2000万円から。サブカルチャー系の出版社と話が進んでいるそうだ」(グラビアカメラマン)

 日本テレビの元女子アナから西尾、魚住に続き名前が浮上するのが、'13年に巨人の澤村拓一投手と離婚しフリー活動を始めた森麻季(33)と、6月末で退社しフリーアナになる馬場典子(44)の2人だ。
 「日テレの元女子アナに出版界が注目するのは、脊山の成功例があるからです。脊山もフリー転身後は鳴かず飛ばずだったが、脱いでから一気にブレイクした。次の写真集でもヘアヌードを公開するという噂が広まっています。しかも、秋以降にテレビ朝日でゴールデン&プライム帯のレギュラー番組を持つことが内定したそうだ。要は、脊山の例を出せばセミヌードくらいなら口説きやすいんですよ」(大手出版社幹部)

 さて、森と馬場だが、脱がせ屋たちはどんなプランを用意しているのか。
 「嬉しいことに、実はこの2人も隠れ巨乳なんです。森はバスト92センチ、馬場アナも90センチだった。日テレ時代はこの2人に西尾を加え、よく『隠れ巨乳3姉妹』などと呼ばれていた。森も馬場もさしたるレギュラー番組がなく、日テレ時代の貯金で食いつないでいる状態。契約金をチラつかせればヌードになることも不可能ではない話だ。ここだけの話、馬場は男性週刊誌のグラビアデビューが決まったという噂が飛び交っています」(業界事情通)

 乞うご期待。

関連タグ:女子アナヘアヌード

女子アナ新着記事

» もっと見る

独占入手! 女子アナのヘアヌード写真集 〜最後の一枚を脱ぐ〜(2) 西尾由佳理、魚住りえ、森麻季、馬場典子

Close

▲ PAGE TOP