檀れい 円満離婚の影で囁かれる“セックスレス仮面夫婦”

芸能・2018/12/10 21:30 / 掲載号 2018年12月20日号
檀れい 円満離婚の影で囁かれる“セックスレス仮面夫婦”

檀れい

閉じる

《11月28日円満に離婚したことをここに報告させていただきます。》

 文書で離婚を発表した檀れい(47)と及川光博(49)の2人。
「花田光司氏(元貴乃花親方)の言を借りれば、“円満だったら離婚などしない”ということになるんですけどね」(ワイドショー芸能デスク)

 2人の出会いは'09年秋、及川がレギュラー出演していた連ドラ『相棒 season8』(テレビ朝日系)に檀がゲスト出演したことがきっかけ。

 そして、'11年7月27日に結婚。美男美女のカップルとして祝福されたが、すれ違いが続いたためか子供はいなかった。
「寝室は別なんですから、子供はできるはずもありません。ずっと、“セックスレス仮面夫婦”だったと思います」(芸能関係者)

 結婚当初から、2人の不仲説はくすぶり続けていた。
「まず結婚2カ月後の'11年9月に、及川が30代女性との相合傘デートが報じられた。また、翌年には別居報道も飛び出した。さらに、2人の“愛の巣”のすぐ近くに、彼女のお母さんが住んでいて、年中、入り浸っていたといいます」(芸能レポーター)

 2人が否定しても、別居説・不仲説は一掃されなかったし、公の場でのツーショットさえなかった。
「及川は結婚を機に女性ファンが減ったこともあって、活動を音楽から俳優業にシフト。いつもファンの目を意識して、私生活のことは隠すようにしていました。結婚生活はベールに包まれていたのです」(芸能ライター)

 それなら、結婚などしなければよいのだが…。
「“清く正しく美しく”というモットーの中で純粋培養された宝塚OGの檀にとって結婚は憧れ。一度はしてみたいものなのです。それは及川にも言えることですが、いつまでもスキャンダルもなく独身でいると、“あらぬ疑い”をかけられてしまいますからね。彼女が“子作り”に全く興味を示さなかったなんて声も囁かれています」(芸能関係者)

 檀は今年だけで舞台2作品に出演し、映画も3作品が公開された。
「まさに、仕事最優先。ただ、今回離婚したといっても、檀にダメージはありません。そもそも、夫婦としての“実態”が全くなかったのですから」(映画関係者)

 宝塚ではトップの娘役として活躍した檀。どうやら、“妻役”は苦手だったようだ。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事