紗綾 2019年8月1日号

結婚式のご祝儀のお札は「別れない」ように奇数枚にする

掲載日時 2017年12月03日 11時01分 [エンタメ]

結婚式のご祝儀のお札は「別れない」ように奇数枚にする

 結婚式のご祝儀といえば「3万円」「5万円」など、お札が奇数枚になるようにして包む…という考え方よく知られている。しかし、実はこの考え方に根拠はないらしい。事実、冠婚葬祭の伝統的な礼儀作法においてはそのような考え方は存在しない。つまり、あくまで巷で自然発生的に生まれて広まっただけの俗説に過ぎないそうだ。

 ただ、あえて「奇数枚が良い」とする伝統的な考え方をこじつけようとすれば陰陽道に偶数を「陰」、奇数を「陽」とする考えがあるため、奇数を「吉」とする考え方をとることはできる。しかし、それも現在よく言われるような「2」で「ペア」をあらわす意味とほとんど同じような自己満足的な意味づけにすぎないので、必ずしも偶数が悪いということにはならないらしい。

 とはいえ、今の結婚式場では予算を計算するにあたり、ひとり3万円のご祝儀を想定して計画を立てることも多いそう。特別な理由がないかぎり、3万円払ってあげるのが優しさかもしれない。


エンタメ新着記事

» もっと見る

結婚式のご祝儀のお札は「別れない」ように奇数枚にする

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP