鈴木ふみ奈 2018年11月1日号

「デカおっぱい見せるよ」真木よう子が “復活全裸”宣言

掲載日時 2018年04月26日 20時00分 [芸能]

「デカおっぱい見せるよ」真木よう子が “復活全裸”宣言

 「さらに大きなおっぱいを見せて驚かせるよ」と周囲に宣言している。

 真木よう子(35)が4月9日、出演映画『焼肉ドラゴン』(6月22日公開)の完成イベントで、約9カ月ぶりに公の場に登場した。昨年はトラブル続きで激ヤセしたが、かつての“豊乳”が完全復活していた。
 「真木は、高度経済成長期における関西の焼肉店を営む家族の絆を描いたこの作品に、井上真央と姉妹役で出演します。このイベントには、ふわっとした白いシャツのような衣装と青いパンツルックで登壇。大きめの服でボディーラインは分かりにくかったものの、胸の豊満な膨らみが“復活”していたのです。一時、激ヤセが伝えられ心配されましたが、ボリューム感から見て、全盛期と同様のGカップに戻ったと言っていいでしょう」(映画ライター)

 昨年7月期、連ドラ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)に主演したが、平均視聴率4.5%と大惨敗。同8月には開設直後のツイッターでの発言が炎上して精神的不安定になったとされ、11月に出演予定だった映画をドタキャン降板するなど、ボロボロだった。
 「しかし、1月に所属事務所を辞めてフリーになり、心機一転“復活全裸”を写真集や映画で披露する計画を進めているようです。今回のイベントでも、映画の内容にちなみ、“前向きに生きる秘訣”を聞かれると、“笑うこと。いろんなことあるけど考えてもしょうがない”と、開き直り発言で盛り上げた」(芸能プロ関係者)

 '06年の映画『ベロニカは死ぬことにした』で裸体を披露し、92センチGカップ乳で衝撃を与えた過去があるだけに、脱ぎに抵抗はない。
 「事務所を辞めた今、彼女のエロ暴走を止められる人はいない。最近、周囲に1サイズ進化した“Hカップ・95センチ乳”で復活ヘア裸身を見せてくれそうなのです。すでに話を水面下で進めており、年末か来年公開の映画で進化した全裸濡れ場を見せる計画のようです」(同)

 真木は、元俳優、片山怜雄氏と'15年9月に離婚。最近は、金持ちの実業家に入れあげているとされる。
 「自身の会社を上場させたほどの金を持つ実業家に急接近し、事務所独立の際も支援を受けたそうです。この実業家との電撃再婚の可能性もゼロではない。また、真木は格闘技にもハマッており、格闘家デビュー話も浮上しているから、目が離せない」(スポーツ紙記者)

 元来、脱ぎたがり屋の真木、いま復活したHカップ乳を見せたくてしょうがないらしい。脱ぐ気マンマン!

芸能新着記事

» もっと見る

「デカおっぱい見せるよ」真木よう子が “復活全裸”宣言

Close

▲ PAGE TOP