葉加瀬マイ 2018年11月29日号

オートレース ここにきて急成長を遂げる33期

掲載日時 2017年11月29日 16時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年12月7日号

オートレース ここにきて急成長を遂げる33期

 33期の新人が、デビューから4カ月が経過した。各地でデビュー初勝利など、嬉しいニュースが飛び込んできている。
 その中でも川口の黒川京介は、優出こそ成し遂げていない(11月14日現在)が、9日からの4日間では2日目の準々決勝で自己ベストタイムを更新する3秒452をマーク。準決こそハンデ条件が厳しくなり敗れたが、それでも最終日は試走劣勢ながらも3秒455で2着と健闘した。
 そして金田悠伽も、自己ベストタイムを更新(3秒481)する力走で4走して3度の車券絡み。デビュー2勝目も飾った。

 ここにきて急成長を遂げている33期だが、その理由は何か? それは、路面状況が大きく後押ししているように思える。
 養成所は33期養成開始直前に走路改修があり、真新しい走路で9カ月間の訓練をした。もちろん、路面のグリップ力は申し分ない。そこでの訓練を経て、配属先の路面は真夏の滑るコンディション。これに戸惑った新人は多かったはずだ。
 しかし、今は路面温度も下がり、タイヤが食いつく好条件。養成所時代を思い出し、思い切ってアクセルを全開に出来る状況が活躍の要因だろう。

 まだ33期のハンデはかなり優遇されている。ひょっとすると、各地で新人の優出ラッシュとなるかもしれない。今後の車券戦術の上でも、しっかりマークしておきたい。

関連タグ:公営ギャンブル


エンタメ新着記事

» もっと見る

オートレース ここにきて急成長を遂げる33期

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP