志村けん死去 お笑い、酒、女「追悼秘話」

芸能・2020/04/07 21:15 / 掲載号 2020年4月16日号
志村けん死去 お笑い、酒、女「追悼秘話」

志村けん

閉じる

 新型コロナウイルスに感染し、都内の病院に入院していたタレントの志村けん(本名・志村康徳)さんが、3月29日午後11時10分に死去した。70歳だった。

 所属事務所によると、志村さんは3月17日に倦怠感を訴えて自宅療養をしていたが、19日に発熱・呼吸困難の症状がみられたため、訪問診察をした医師の判断により、20日に都内の病院に搬送され緊急入院の措置がとられた。

 23日には新型コロナウイルスの陽性が判明し、同日夜に病状が悪化。25日からは都内の別の病院に転院して人工心肺装置による治療を開始し、所属事務所が感染を公表した。

「志村さんがつけていた人工心肺装置は、体外式膜型人工肺のECMO(エクモ)と呼ばれるもの。心臓と肺の役割を同時に果たす装置で、患者の肺を休ませて自身の免疫による回復を待つシステムです。操作には専門の技師が必要で、かなり重篤な状態だと噂されていました。事務所は、なんとか志村さんの本当の病状を悟られないように情報のコントロールを試みていましたが、一部メディアが〈集中治療室で重度の肺炎と闘っている〉〈意識が混濁〉などと報じることが分かり、公表に踏み切った」(ワイドショースタッフ)

 2016年に肺炎で入院するまでは、1日3箱もタバコを吸うヘビースモーカーだった。この肺炎以来、禁煙していたというが、夜な夜な都内のガールズバーなどに繰り出して深酒することはやめられず、免疫力の低下が心配されていた。

「本人も健康には気をつけており、サプリメントなどを飲みあさっていたが、それ以上の深酒が体を蝕んでしまっていた。実は、今年の1月にも胃のポリープ除去のために入院していたというんです」(同)

 志村さんは1950年に東京都東村山市で生まれた。’68年2月、高校卒業間際に「ザ・ドリフターズ」のリーダー・故いかりや長介さんの家へ直接押しかけ、弟子入りを志願。採用されたが、紆余曲折を経て’73年12月に“メンバー見習い”の扱いでドリフに加入。翌年、故荒井注の脱退に伴い正式メンバーとなった。

 最高視聴率50%超というドリフのお化け番組『8時だョ!全員集合』(TBS系)に出演するようになると、「東村山音頭」や「ヒゲダンス」などで大ブレイク。一躍、子どもたちのヒーローとなる。

 ’85年に『全員集合』が終了すると、翌年からは加藤茶(77)と2人で『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(TBS系)をスタートさせ、自身初の冠番組『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)や『志村けんのバカ殿様』(同)などでソロとしても活躍。「アイーン」や「変なおじさん」といった一発ギャグ、キャラクターで国民的コメディアンとして定着した。

「全盛期だった’96年9月頃、突如として“死亡説”が全国的に広まった。入院先とされた病院が事実関係を否定し、志村本人も、自宅のインターホン越しに記者会見し、健在をアピールする事態になった。当時、志村は健康体で、入院が必要な大きな病気やケガもしておらず、噂の出どころはまったく不明。その頃に普及し始めたパソコン通信による“フェイクニュース”のはしりだったとされていますが、今回の重症説はフェイクじゃなかった…」(ベテラン芸能記者)

 ’99年に公開された映画『鉄道員』で、主演を務めた俳優・故高倉健さんから直々にオファーを受けて俳優デビュー。以降は役者仕事を断っていたというが、今年12月に公開予定の映画『キネマの神様』では、菅田将暉(27)とのW主演で21年ぶりにスクリーンに復活する予定だった。

「3月30日から放送開始されたばかりのNHKの連続テレビ小説『エール』にも大御所の音楽家役で出演。すでに3シーンが撮影済みでした。現在の冠番組『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)と『志村でナイト』(フジテレビ系)は、このまま終了になるでしょう」(スポーツ紙記者)

 ’15年11月に老衰で死去した実母が、最後まで望んでいたのが志村さんの結婚だったが、生涯、独身のままとなった。

 いしのようこ、優香、みひろ、カトパン、麻布十番のガールズバーの美人店長などと浮名を流したこともあったが、いずれも結婚には至っていない。

「奇しくも、コロナ感染が公表された25日放送のテレビ朝日系バラエティー番組『あいつ今何してる?』で、結婚を考えたという元恋人との思い出を初告白していたんです。お相手は、13歳年下の元アイドル歌手・大滝裕子さん。大滝さんがドリフの前座を務めるなどしていたことから、志村自ら告白し、交際に発展。相手の両親にもあいさつするなど、結婚前提に付き合っていたというが、35年前に破局したエピソードが明かされたばかりでした」(同)

 本来、盛大に見送られるべきだが、コロナの感染拡大を防ぐため、近親者のみで葬儀などを行うという。

「菅官房長官も追悼のコメントを出すなど、全国民に衝撃が走った。これで、新型コロナを軽く見ていた人たちも警戒するはず。偉大なコメディアンの死は無駄にならない」(全国紙記者)

 今頃、天国でいかりや長介さんにほめられているかもしれない。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事