菜乃花 2018年10月04日号

オートレース 王者・高橋貢の助言で岸萌水が化ける!?

掲載日時 2016年06月03日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年6月9日号

 「良くなりましたぁ」
 取材する側がほっこりする受け答えをしてくれる浜松の岸萌水。平成6年生まれの21歳。初々しさがありながらも、競走車には実に真摯に向き合っている。

 モトクロス出身。7歳から始めたバイク人生は職業へと変わった。高校3年生の夏にオートレーサーの試験を受け、一発合格。モトクロス会場に森且行がレーサー募集の案内に来ていたのが『オートレース』を知るきっかけ。「一般的な会社員よりも刺激があって」と迷いは無かった。

 デビュー後には大怪我もあり、いまだに痛々しい傷跡も残るが、同期へのライバル心で挫折を乗り越えてきた。「病室で悔しくて…。復帰してからも“シューン”って簡単に抜かれていく。焦りました」と振り返る。

 しかし、ここに来て確かな成長の足跡を残している。また、大きな出会いもあった。絶対王者・高橋貢だ。岸の師匠である笠木美孝と高橋は親友。すると伊勢崎遠征で高橋が声をかけてくれた。
 「見ていたけど、乗りにくくない? 上体が内に入り過ぎているよ」とフォームに始まり、ひざ当て、ハンドル、ステップとありと、あらゆる部分に助言をしてくれたという。
 「ずっと悩んでいたんです。すっかり乗りやすくなりました」と満面の笑みを浮かべた。

 同期では益春菜が全国規模のレースでも結果を残しているが、追いつけ追い越せの精神でステップアップする岸。今後の動向に注目だ!

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

オートレース 王者・高橋貢の助言で岸萌水が化ける!?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP