小泉今日子と不倫相手がそろって内閣に噛み付いた深刻な理由

芸能・2020/05/25 21:30
小泉今日子と不倫相手がそろって内閣に噛み付いた深刻な理由

小泉今日子

閉じる

 緊急事態宣言下にもかかわらず、新聞記者と賭けマージャンしていたことを「週刊文春」(文芸春秋)で報じられた辞職した黒川弘務前東京高検検事長(63)だが、かなり軽い「訓告」処分で済まされてしまった。

 しかし、安倍首相は国会で検事総長が諸般事情を考慮したと説明したが、実は首相官邸が実質決定して軽い処分となったことを25日、一部メディアが報じ、波紋を広げている。

 そんな中、女優の小泉今日子(54)が25日、自身が代表をつとめる会社のツイッターを更新。安倍首相に対し、「こんなにたくさんの嘘をついたら、本人の精神だって辛いはずだ。政治家だって人間だもの」とコメント。続けて「#さよなら安倍総理」などとネット上で拡散しているハッシュタグをツイートした。

 その後、小泉と不倫交際中の俳優の豊原功補(54)がツイッターを更新。豊原は「さよなら安倍総理にタグを付ける気はむしろ満タンなのだけど、もうそれどころではないのではと頭をよぎる。何一つ信じられない言葉と姿勢は枚挙に暇がなく、総辞職でも当然。告発もされてる」と苦言を呈した。

「小泉といえば、黒川氏の前ポストの定年延長を内閣が決定できる法案の反対運動の急先鋒として話題になったが、不倫相手の豊原も参戦。今やテレビからお呼びがかからない小泉にとって、演劇の舞台公演が生活の糧。しかし、政府は演劇界を“見殺し”にしようとしており、このままだと舞台公演もできない。なので、このまま反政権を声高に叫び続けるだろう」(芸能記者)

 発言に影響力のある小泉だけに、政権を大いに揺るがしそうだ。

関連記事
芸能新着記事