本誌恒例 女子アナ16人「エロ発言」流行語大賞2013(4) 大江麻理子、鷲見玲奈、加藤綾子

芸能・2013/12/17 18:00 / 掲載号 2013年12月26日号

 テレビ東京では、エースの大江麻理子アナ(35)が『モーニングサテライト』でカッパのコスプレで極太キュウリをくわえ、妄想する男性が続出したが、後輩たちも順調に育ってきている。
 「大江アナから『モヤモヤさまぁ〜ず2』を引き継いだ狩野恵里アナ(27)が、ストレッチ器具を使って股間節を伸ばす“大股開き”に挑戦したシーンが印象的でした。“割れ目”がもっと大きく深く入ってしまったんじゃないかと、あらぬ想像をしてしまいました」(女子アナウオッチャー)

 入社1年目の鷲見玲奈アナ(23)もいい。
 「情報番組『L4YOU!プラス』でのエクササイズ姿を見てビックリ。体を動かすたびに推定Fカップの爆乳が強調されるので、思わず股間をおさえてしまいました」(芸能記者)

 締めは、フジテレビ。
 「そもそも、料理って、そんなに大事ですか?」山崎夕貴アナ(26)、「バイバイより、バイバイのチューのほうが好き」生野陽子アナ(29)というものもあったが、トドメはやはり加藤綾子アナ(28)。

 『ホンマでっか!?TV』で光浦靖子らが最近、乳首が黒くなって悩んでいると相談したときのことだった。
 ゲストの評論家が「乳首を勃たせるとよい」と回答したのだが、これを聞いた加藤アナは、すかさず光浦に「勃ったときも黒いんですか?」と“上から目線質問”。メーン司会の明石家さんまが「他人に聞く前に自分から答えな」と、突っ込みを入れると、加藤アナは、「(私の乳首は)勃ってもピンク色のままです」とキッパリと答えたのだ。
 「キスをするとき“頭をどちらに傾けるか?”という話題になった際、『左』と答えた高橋真麻(32)に対し、カトパンは“ちょっとアゴを引きます”と答えていました。また、さんまに“大きくて柔らかいより、小さくて硬いほうがエエんやろ?”と聞かれると、“ウン”と小さくうなずいていました。“魔性の女”です、カトパンは」(テレビ局関係者)

 来年も彼女たちから目が離せない!

関連記事
関連タグ
芸能新着記事