岸明日香 2018年12月20日号

305人淫相診断 芸能美女「名器」ベスト20①

掲載日時 2018年09月18日 23時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年9月27日号

305人淫相診断 芸能美女「名器」ベスト20①
上野樹里

【「最強名器持ち」の上野樹里】

『芸能美女「名器」ベスト20』で、堂々の第1位に輝いたのは、女優の上野樹里(32)だ。
 彼女は、淫相学で判じる「名器を示す七つの相」のうち、六相を備えている。名器七相とは、具体的には以下の七つを指す。

〈1〉唇と口元の肉付きが豊かで締まっている。
〈2〉風門(耳穴の下の溝)が狭くて深い。
〈3〉目間や眉間が狭い。
〈4〉臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)がふっくらと厚い。
〈5〉歓待紋(唇の細かい縦皺)が多い。
〈6〉下瞼のラインが目尻で上がる。
〈7〉人中(鼻下の縦溝)がくっきりと深い
 〈1〉は膣肉の締まりのよさと連動していて後天的名器度が現れ、〈2〉と〈3〉は生来的な膣道の狭さと一致するパーツ。〈4〉は性ホルモン分泌のバロメーターで、性器の成熟度や、性感・性欲などエロス全般の善し悪しが現れる重要な部分。〈5〉は膣内のヒダの多さと比例していて、交わりに際しては相手男性を愛戯で「歓待」する奉仕性が現れる。
 〈6〉はあげまん相の代表格であると同時に、膣道の締めつける力と比例し、〈7〉は子宮・卵巣を含めた生殖器全般の丈夫さや健康度が現れ、名器性を根本で支える部位だ。
 〈1〉と〈2〉が最も重要な指標で、「名器」の最低必要条件であり、番号が後になるほど名器性以外の要素も加わり、名器判定の重要度としては低くなる。

 連載『噂の美女〜淫相学SEX診断』で観相してきた美女は、本号までで実に305名(重複をカウントせず)。今回の「名器」ベスト20は、その上位6%強にあたり、極めてハイレベルな名器度比べとなった。
 そんな中、上野は〈2〉の風門相が深くて狭い典型的な名器相をしており、〈1〉に関しては、唇の厚みにやや迫力を欠くも、口元の締まりが抜群によく、口角(唇の両端)がキュッと上がっていて、後天的名器度もかなり高い。
 〈5〉の歓待紋は少なめながら、比較的該当者の少ない〈3〉と〈6〉を満たし、〈7〉の人中相も広くてはっきりしていて、名器七相のうちの六相を持つ。名器相がこれほど明瞭にそろうのは稀で、文字通りの「ナンバーワン」「最強の名器持ち」と判じた。
 彼女は鼻相が強く、眉が吊り上がりで目力も強く、頬骨とアゴ先が突き出た強い顔相の持ち主。
 いたって勝ち気な気質で、眼光が乾き気味なのでS傾向のセックスと観て取れ、叙情やムードよりも、自身の肉欲本位のスポーティーでタフな交わりが身上だ。
 豊かな臥蚕は愛液豊潤の相でもあって、勃起の激しい抜き挿しに応え、ヒタヒタに潤んだ膣道は、彼女の体温を伝えて温かくも滑りよく、絶妙の締めつけでもてなすだろう。
 力強い肉輪の摩擦感が肉柱を行き来すれば、オトコの分身はたちまちパツパツに張り詰める。発射を回避しようと、一旦腰の動きを止めても、彼女のほうから攻めの逆ピストンを繰り出されれば、早々の発射は避けがたいか。
 幸い、彼女は金甲(小鼻)の張りがよく、口相に勢いもあって、回数をこなせる絶倫度の高い女相。男性側に回数をこなせる精力がともなえば、早漏を恐れず、2度、3度と繰り返し精液をしぶかせて立ち向かい、強い肉締めを味わい尽くすのが、ベストセレクトと言えようか。

関連タグ:スペシャル特集


エンタメ新着記事

» もっと見る

305人淫相診断 芸能美女「名器」ベスト20①

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP