園都 2018年6月28日号

やくみつるの「シネマ小言主義」 「空飛ぶ」少年に、国境は要らない 『ジュピターズ・ムーン』

掲載日時 2018年02月05日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年2月8日号

やくみつるの「シネマ小言主義」 「空飛ぶ」少年に、国境は要らない 『ジュピターズ・ムーン』

 難民やテロといった、今、世界中で最もシビアな危機を題材としながらも、難民の少年に「重力を自在に操り、空を飛ぶ」能力を持たせることで、不思議な寓話感を醸し出している本作。
 このコーナーでも以前に取り上げた、捨て犬集団が人間社会に反撃する『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』を作った社会派の監督らしい最新作です。

 舞台はハンガリーの難民キャンプから始まります。東ヨーロッパ特有の暗鬱とした空気を表すような暗い画面。必死で国境を越えようとする難民と、断固として越えさせまいとする警備隊。これがドキュメンタリー調の映画だと救いがなくなってしまいますが、あえてSFファンタジーとして見せているのが、「空飛ぶ奇跡」を起こしてしまう少年の存在です。
 先日、『世界を分断する壁』という写真集を手に入れました。38度線、米メキシコ国境など、いまだ世界中に残る「壁」ばかりを写したものです。
 人間が勝手に作った「国境」をめぐる果てしない諍いも、空を飛んでしまえば何ほどでもないじゃないか。この映画に、監督はそんなメッセージを込めたのかもしれません。

 それはそうと、自分は昔から「空飛ぶ」夢を繰り返し見ます。
 この映画を見たあと、“またあの夢を見てしまうなあ”と思ったほど、夢の中で自分が感じている浮遊感と少年の飛ぶ様がよく似ていました。ただ、自分の夢の中の場合、最後は必ずストーンと落ちていくので、えらく怖いんです。高い所は平気なので、落ちさえしなければ飛んでいる間は、案外と気持ちがいいんですが…。フロイトの夢判断では、どうなんでしょう。調べたことはないのですが、何かから解き放たれたい願望なのかも。
 ただ、空飛ぶ少年といっても、私らから見ると「おっさん」に近い。それでも浮遊する彼を目撃した人は口々に「天使を見た」と、打ち震えます。これはやはり宗教観の違いなのでしょうか。一般的な日本人の場合、背中に羽の生えたエンゼルの姿をしたのが天使だと思い込んでいますから。

 エンゼルといえば、今季、大谷翔平の移籍先がメジャーリーグ『ロサンゼルス・エンゼルス』に決まりましたね。その一報が入った朝、自分はひとコマまんがに描いたのですが、ちょうどこの映画を見た後だったので、「ロサンゼルスの救世主」として降臨したイメージで、大谷に天使の羽を付けて描いてみました。
 彼がチームの救世主として活躍する姿が、今から楽しみです。

画像提供元
2017(C)PROTON CINEMA-MATCH FACTORY PRODUCTIONS-KNMs

■『ジュピターズ・ムーン』監督/コーネル・ムンドルッツォ
出演/メラーブ・ニニッゼ、ゾンボル・ヤェーゲル、ギェルギ・ツセルハルミ、モーニカ・バルシャイほか
配給/クロックワークス

 1月27日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー。
 祖国シリアを逃れ、ハンガリーを目指す難民の少年アリアン・ダシュニ(ゾンボル・ヤェーゲル)は、混乱の中で父とはぐれ、国境警備隊のラズロ(ギェルギ・ツセルハルミ)に銃撃されてしまう。瀕死の重傷を負ったアリアンは、医療ミスによって病院を追われ、難民キャンプで働く医師シュテルン(メラーブ・ニニッゼ)のもとへ運び込まれる。シュテルンは訴訟を取り下げてもらうために大金を必要としており、違法に難民を逃して金を稼いでいた。そんな中、診察を受けたアリアンに、浮かぶ能力があることを知ったシュテルンは、金儲けに利用しようとキャンプから連れ出すが…。

やくみつる:漫画家。新聞・雑誌に数多くの連載を持つ他、TV等のコメンテーターとしてもマルチに活躍。『情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)、『みんなのニュース』(フジテレビ系)レギュラー出演中。

関連タグ:やくみつるの「シネマ小言主義」

エンタメ新着記事

» もっと見る

やくみつるの「シネマ小言主義」 「空飛ぶ」少年に、国境は要らない 『ジュピターズ・ムーン』

Close

▲ PAGE TOP