美音咲月 2019年7月25日号

ザックJAPAN激震 マンチェスターU移籍・香川真司にロンドン五輪出場密約(1)

掲載日時 2012年06月01日 11時00分 [スポーツ] / 掲載号 2012年6月7日号

 独ドルトムントの残留要請を拒み、英マンチェスター・ユナイテッド(マンU)移籍が確実になった香川真司(23)だが、舞台裏では「香川のロンドン五輪出場密約」が囁かれている。香川のW杯アジア最終予選独占を目指すザッケローニ代表監督との間に新たな確執が起きていた−−。

 今季の欧州各国のリーグ戦が閉幕し、香川を筆頭に15人の海外組がW杯アジア最終予選に挑む日本代表候補と、ロンドン五輪を戦う五輪代表候補にそれぞれ召集され、5月23日の『キリンチャレンジカップ』アゼルバイジャン戦、五輪前哨戦となる『トゥーロン国際大会』に臨んだ。
 表向きは順風満帆に映るサムライブルーなのだが、実は、香川のマンU入りで、日本サッカー協会とザッケローニ代表監督の間でにわかに隙間風が吹き出していたのだ。
 「香川がイングランドのマンUに移籍することで、香川のロンドン五輪出場が濃厚になったからです。協会内では、イングランドに拠点を移す香川を中心に五輪チームを再構築しようというプランが持ち上がっている」(日本代表スタッフ)

 ザッケローニ代表監督と日本サッカー協会の微妙な関係、香川の立場については後述するが、そもそもサッカー選手ならだれもが憧れる英プレミアリーグ。中でも財力、人気、実力とも世界最高に位置付けられているのが、マンUである。
 米フォーブス誌が発表した世界のスポーツクラブの資産ランキングでもマンUは約1830億円の1位。日本トップの鹿島アントラーズ(約26億円)と比べれば、いかにスケールが違うかがわかる。

 名将アレックス・ファーガソン監督からマンチェスターに招かれ、直接入団を受けた香川はその翌々日の5月16日に帰国。会見では入団決定の明言こそ避けたものの、「(ファーガソン監督から)いい言葉をいただいた。ビッグクラブで有名な選手、監督、サポーターがいて最高の舞台だと思う」と語った。
 「いい言葉」とは移籍金10億円、年俸6億4000万円を指しているのではない。マンUの背番号7。これはベッカムをはじめ、カントナ、C・ロナウドが付けていた栄光の背番号だ。
 現在はイングランド代表でW杯3回出場のオーウェンが付けている。そのオーウェンを「引退させて君に贈る」といわれては、香川の迷いも吹っ切れた。

 「即諾」できなかったのは、先に触れたロンドン五輪出場という課題が残されていたからだ。
 ロンドン五輪は7月27日に開幕、男子サッカーは1日前の26日にスペインと予選D組初戦を戦う。
 一方、6月3日からは2014年ブラジルW杯のアジア最終予選が始まり、6月中に3試合が組み込まれている。6月15日からはプレブラジルW杯となるコンフェデ杯(ブラジル)もある。ザッケローニ代表監督は、W杯関連はザックジャパン、ロンドン五輪は関塚ジャパン(23歳以下)と、別個のチームで戦う方針でいたのだが、23歳の香川がマンU入りすることで状況が一変したのだ。

関連タグ:サッカー


スポーツ新着記事

» もっと見る

ザックJAPAN激震 マンチェスターU移籍・香川真司にロンドン五輪出場密約(1)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP