指原莉乃が田中みな実にぶっちゃけた“セフレの存在”ニオわせ発言

芸能・2020/07/04 21:30 / 掲載号 2020年7月9日号
指原莉乃が田中みな実にぶっちゃけた“セフレの存在”ニオわせ発言

指原莉乃

閉じる

 指原莉乃が、ビール会社のウェブ限定動画で田中みな実とオンライン飲みトークをし、その中で“セフレ”の存在をニオわせているのでは、と話題になっている。

「指原は、6月18日から配信されているキリンビール『キリン一番搾り生ビール』のウェブPR動画にみな実と出演し、別々の場所で30分近くリモートトークをしたのです。ビールを飲みながらの雑談だったのですが、その中でみな実が指原に対し“ねえねえ、彼氏いるの?”とストレートな質問をぶつけたのです」(芸能記者)

 田中の直球質問に、指原はやや動揺して笑いつつ「今、ちゃんと彼氏と呼べる人は、正直いないです」と答えたのだ。

「一見“彼氏不在”を明かしたように聞こえますが、冷静に発言内容を分析すると、“ちゃんと彼氏と呼べる人”はいないものの、“彼氏未満”の男関係は存在することをニオわせているようにも受け取れました。つまり“交際はしていないが、セックスをしたりする関係”、いわゆるセフレがいることをチラつかせたと解釈できるわけです」(同・記者)

 同動画ではこの他にも、田中の「アイドルじゃないから恋愛は大丈夫なんだっけ?」との質問に対し、指原は「恋愛は全然、大丈夫です!」と即答。また、指原は「私絶対、好きな人とギョウザ作りたいんですよ」と話すなど、“男願望”を隠せない発言が目立った。

「今後についての話題になった際、みな実が“私、もう目標ない”と話すと、指原も“私もなんですよ!”と全面同意するなど、仕事に見切りをつけて、そろそろ男に走りたいかのような欲望を随所にこぼしたのです。すでに“彼氏に昇格する候補”のセフレが確実に存在するとみていいのではないか」(芸能プロ関係者)

『AKB48』在籍時の2012年、一部で元ファンとのエロ交際疑惑が報じられ、『HKT48』に移籍させられるほどのスキャンダルとなったが、その後、目立った男性問題は報じられていない。今回の“ニオわせ”は、コロナ禍による外出自粛が解除されたことで、男遊びに本腰を入れることの暗示的アピールとも考えられる。

「HKT48を卒業してから1年以上たち、恋愛を本格解禁してもおかしくない。コロナの収束が続けば本気で恋人獲得に乗り出す可能性は高く、熱愛報道が出るのも秒読みでしょう」(同・関係者)

 久々の“セクシースキャンダル”に注目だ。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事