森咲智美 2018年11月22日号

貞淑美女タレントの性白書 フリーアナ四天王「秘密の蜜ツボ」(1) 加藤綾子

掲載日時 2018年05月13日 18時00分 [女子アナ] / 掲載号 2018年5月10・17日合併号

貞淑美女タレントの性白書 フリーアナ四天王「秘密の蜜ツボ」(1) 加藤綾子

 「そんな気持ちはないと思いますが、今、売れているからといって、決して“天狗”になってはいけません。フリーなら、なおさらです」(女子アナウオッチャー)

 4月22日からスタートした『嵐』二宮和也主演の連続ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)に出演している“カトパン”こと加藤綾子(1985年4月23日生・33歳)。
 「カトパンが演じているのは、元看護師で現在は治験コーディネーターという役。自分の信念を貫いて医療業界をリードしていくという重要人物です」(ドラマ関係者)

 ついに、念願の? 本格的女優デビューとあって、加藤のテンションは上がりっ放しだという。
 「慣れないドラマの現場ですが、さすがはカトパン。10年間、テレビの第一線で培った経験は伊達じゃありません。それなりに緊張は伝わってきますが、収録の合間に、主演の二宮はもちろんのこと、共演の加藤浩次や竹内涼真らと談笑する姿を見ると、とても連ドラ初挑戦とは思えません。現場では、本人よりもマネージャーの方が緊張しているほどです。フェロモンもハンパなくあります」(芸能関係者)

 そういえば、初回放送に先んじて催された試写会で加藤浩次が、
 「エロい感じが出てた」
 とホメちぎれば、竹内も、
 「エロすぎる、本当に」
 と大絶賛。これを受けてカトパンは、
 「そうなんですよ。“いろいろな人とつながっている”したたかな女性なんですよ」
 と艶っぽく笑って見せた。

 先頃放送されたレギュラー番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)の中でも、こんなエロいシーンがあった。
 「その日は、透明な花柄のトップスで出演していたのですが、途中、トップス下のキャミソールのヒモがズリ落ちてブラジャーが丸出しになったのです。しかも、直前にカトパンが自腹で買ってよかった物として、このキャミソールの話をしたばかりだったんです。その話の間、豊かなおっぱいを誇らしげに何度も触っているときにヒモがズレた。あれはどう見ても“ヤラセ”にしか思えませんでした。Eどころか、すでに“Gカップ”はあるのではないでしょうか」(女子アナライター)

 もっとも、すべてが順風満帆ではないようだ。
 「ある調査機関のデータによると、直近の女性視聴者が選ぶ『嫌いなアナ』フリーアナ部門の1位はカトパンなんだそうです。フェロモン出しすぎで、同性から嫌われる形となったようです」(テレビ局関係者)

 同様に、2016年にフジテレビを退社後、“伸び悩んでいる”との評価があるのも確か。
 「フリーになったのと同時に、新番組『スポーツLIFE HERO'S』(フジテレビ系)の日曜キャスターに就任しましたが、視聴率は低迷。今年2月の平昌五輪の現地キャスターにも起用されましたが、いまひとつ存在感を見せつけることはできませんでした。同番組は、3月で終了しました」(前出・女子アナライター)

 よって、4月からのレギュラーはドラマを除くと、『ホンマでっか!?TV』とNHK・Eテレ『世界へ発信!SNS英語術』のみとなった。
 「ですから、正念場なんです」(前出・テレビ局関係者)

 しかし、加藤には絶対的な“切り札”がある。
 「あのGカップおっぱいです。いざとなれば、ヘアヌード写真集を出せばいい。本人にも、その覚悟はあるようです。ギャラは“億”単位になると思います。ミリオンセラーは間違いありません」(前出・女子アナウオッチャー)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

女子アナ新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 フリーアナ四天王「秘密の蜜ツボ」(1) 加藤綾子

Close

WJガール

▲ PAGE TOP