中島史恵 2019年6月6日号

女子大生、『iPhone』と引き換えに卵子を提供? 過去には腎臓を売って体に異常が出たケースも

掲載日時 2019年03月12日 20時45分 [事件] / 提供元 リアルライブ

女子大生、『iPhone』と引き換えに卵子を提供? 過去には腎臓を売って体に異常が出たケースも

 中国・杭州の大学2年の女子生徒が、iPhoneの最新機種を手に入れる資金のために闇市に卵子を提供し、副作用で命の危険にさらされたことを、現地メディア『澎湃新聞』が11日に報じた。

 報道によると、20歳の女子大学生は友人のiPhone XS Maxを見て、自分もほしくなったが両親に言えず悶々としていたとのこと。そんな中、大学のトイレに張ってあった「卵子提供者募集中」というチラシを見つけたという。女子大学生がSNSで業者に連絡すると、「身体に影響は全くなく、毎日注射するだけで、半月後卵子を取り出して提供すれば1万中国元(約16万5000円)の報酬が与えられる」と伝えられた。その話を信じ、毎日指定された場所に通い排卵誘発剤を注射され、15日後卵子を抽出した。そして、伝えられた通りの報酬を受け取り、念願のiPhoneを手に入れたという。

 しかし数日後、女子大学生の体に異変が起きた。急に腹部が腫れ、呼吸も困難となり、地元の病院に駆け込んだという。医師の話によると、女子大学生の腹部は妊娠8ヶ月の妊婦と同じくらいの大きさにまで腫れ上がっていたという。超音波検査で「卵巣過剰刺激症候群」と判明し、命に影響を及ぼすほどの重症となったと、同記事は報じた。

 厚生労働省のホームページによると「卵巣過剰刺激症候群」とは、卵巣中の卵(卵胞)が不妊治療に使われる排卵誘発剤に過剰に刺激されて卵巣がふくれ上がり、お腹や胸に水がたまるなどの症状が起こる病気。重症となると、腎不全や血栓症などさまざまな合併症を引き起こす可能性があるという。

 中国共産党の機関紙『人民日報』のネット版によると、中国衛生部は「卵子の提供を商業化するいかなる行為をも禁ずる」と定めているが、「卵子の闇市」を運営する仲介業者は数多く存在し、“面接”(健康診断)の後に卵子抽出、代理出産までを扱う闇産業が存在していることが明らかになったという。

 一般的には考えられない“アルバイト”だが、中国の女子大学生がアップル製品を買うために卵子を売るのは、珍しいケースではないようだ。

 中国の各メディアによると、2017年3月、「女子大生がiPhone7のために20個の卵子を売った」という記事が、中国のSNSで話題となった。当時23歳の女子大学生が「卵子の闇市」の“面接”に合格、20個の卵子を提供し、2万5000中国元(約41万5000円)を入手、iPhone7を手に入れたという。

 卵子だけでなく、腎臓を売った事例もあった。

 2011年6月、中国・安徽でiPhone4を購入するために、当時17歳の少年が「片方の腎臓を売った」と、現地メディアに報じられた。少年は2万中国元(約33万円)を手に入れたが、それと引き換えに重い腎不全を患い、一生人工透析をしないと生きていけない体になってしまったという。

 「中国では、アップル製品に対する関税が高いので、価格は日本と比べても平均して2〜3万円高いです。ファーウェイやXiaomi(シャオミ、小米)など中国メーカーのスマートフォンが格安で入手できる中国人にとって、iPhoneは“高級なスマホ”と認知されています」(中国に詳しいライター)

 見栄を張った代償は、彼女らの人生にとってあまりに大きいものとなってしまった。

関連記事
チップが少なかったことに激怒し、商品に睾丸を入れて逮捕 海外で起きた驚くべき配送サービスによるトラブル
飼い猫を“二重まぶた”に整形した女性、世界中から批判殺到 ペットの美容整形は珍しくない?
小学生の息子に避妊手術? 韓国の仰天“性教育”、「ペット扱いするな」の声も
“娘と結婚してくれたら3500万円!” 驚きの謝礼を用意した富豪、そのお金持ちらしい理由とは
子犬をペットショップ店員に“投げつけて”返品、犬は死亡 身勝手な言い分と行動に怒りの声殺到

事件新着記事

» もっと見る

女子大生、『iPhone』と引き換えに卵子を提供? 過去には腎臓を売って体に異常が出たケースも

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP