美音咲月 2019年7月25日号

『サンモニ』大宅氏、年金問題「民主党政権も改革できなかった」 野党の責任にも言及し賛否

掲載日時 2019年06月17日 12時25分 [エンタメ] / 提供元 リアルライブ

『サンモニ』大宅氏、年金問題「民主党政権も改革できなかった」 野党の責任にも言及し賛否

 16日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、コメンテーターの大宅映子氏が番組の報道姿勢を痛烈に批判するシーンがあり、スタジオが凍りつくシーンがあった。

 番組では、金融庁が老後の資産について「2000万円必要になる」という報告書をまとめたことについて議論。例によって、出演者が報告書について政府の政策スタンスとは違うため「受け取らない」とした麻生太郎財務大臣を批判する。

 これに反旗を翻したのが大宅氏。司会の関口宏から話を振られると、

 「100年安心っていうのは、年金制度がそうしてることであって、一人一人が100歳まで楽に生きられるだけのお金をあげますよって言ってるもんじゃないんですよ。何故かそこがそうなってしまったので、国を挙げて詐欺だとかという話になってるんです」

 と指摘する。さらに大宅氏は、

 「野党もそういう言い方してるけれど、民主党の政権の時も改革しようと思ってできなかった。知らないわけないんですよね。なんか選挙に使おうとしてるのは、与党も野党も両方であってと思うわけ。

 国民としては、それはすごく不幸で、年金みたいなものはそうやってその選挙みたいなもののね、争う道具にしちゃ絶対ダメなんですよ。与党も野党も歩み寄って考えてもらわなければ困る」

 と、『サンデーモーニング』にしてはかなり珍しく、民主党政権の責任を口にする。続けて、麻生財務相をことさら批判する番組に対し、

 「麻生さんイジメてもしょうがないし、自分で出したものを受け取らないと変なですけど、もう少し自分たちのものとして考えるってスタンスがどうしても必要だと思う」

 と苦言を呈す。これを聞いていた関口は、「議論のきっかけにはなったのかなと思います」とまとめ、話題を次に移した。

 大宅氏の年金問題は与党・野党が寄り添って考えるべきだという発言に視聴者の反応は賛否両論。普段番組に批判的な層からは、「民主党の責任に言及したことは評価できる」「ミスター年金と言って何もできない議員が居た。少なくともそのことについて知らんふりをする野党は信用できない」「この番組にしてはまともなことを言っていてびっくりした」「来週から番組に呼ばれなくなるのでは?」との声が。

 一方、毎回番組を視聴していると思われる政府に批判的な層からは、「危ない論理。政争の具にするなと野党を批判しているけど、自分は高い年金をもらっている」「国民をイジメているのが麻生大臣。それを批判して何が悪いのか」「安倍政権の支持率を下げるために番組がある。そんな事言うな」など、批判の声が相次いだ。

 様々な意見があるが、年金問題は与党・野党関係なく取り組まねばならないことは明白。また、民主党政権が年金の抜本的な改革ができなかったことも、事実だろう。「偏りがある」と批判される『サンデーモーニング』の中で、「民主党の責任」に言及した大宅氏の論理を評価した人も少なくなかった。

関連記事
電車が遅れてもイライラしない、ヨーロッパ人に学ぶ“ストレスを生まない方法”
83歳の妻と44歳夫、夜の生活まで夫婦円満 高齢差恋愛はなぜか「ひとめぼれ」が多い?
指を切断する危機! ジェルネイルの施術を受けた20歳女性の壮絶体験に恐怖の声が殺到
ガソ\リンと交換に13歳の娘に男との性行為を強要した母親、娘は60回超の被害に
免許返納後に無免許運転で事故を起こした80歳男、身勝手な動機に呆れ声 新たな問題浮き彫りに

エンタメ新着記事

» もっと見る

『サンモニ』大宅氏、年金問題「民主党政権も改革できなかった」 野党の責任にも言及し賛否

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP