片山萌美 2019年7月4日号

わくわく地方競馬

掲載日時 2019年06月13日 16時00分 [エンタメ] / 掲載号 2019年6月27日号

わくわく地方競馬
画像はイメージです

 園田競馬で行われる重賞で、唯一の2400メートル戦となる『第57回六甲盃』が、6月14日に開催される。

 今年は番組編成の関係上、3月26日に「第56回」が行われた。その「第56回」は、すべて地元兵庫勢の出走となり、タガノゴールドが1番人気のメイショウオオゼキとの競り合いを制して優勝した。今回は大井からウマノジョー、バイタルフォース、名古屋からはカツゲキキトキト、門別のモズオトコマエなど、遠征勢も一線級の馬が出そろった。

 中でもカツゲキキトキトは2017年の覇者でもあり、その時以来の園田競馬となる。今や西日本の雄でもある同馬が、どのような脚を見せてくれるのか。タガノゴールドとメイショウオオゼキの再戦も含めて、見応えのある一戦となりそうだ。

 また、当日は毎年恒例の「競馬場プロレス」を開催。園田競馬場では7回目となる大好評企画で、オープニングマッチ、第2試合、メインイベントの3つの試合が楽しめる。また、試合終了後には出場選手がトークショーを交えた予想会を披露。大日本プロレスオリジナルTシャツをはじめオリジナルグッズのプレゼントも用意されており、競馬とプロレスを存分に楽しめる1日となっている、

 さて、船橋競馬では、1997年創設のマイル戦『第22回京成盃グランドマイラーズ』(SⅢ・1600メートル)が、19日に開催される。優勝馬にはサンタアニタトロフィー(7月31日・大井)の優先出走権が付与される。比較的歴史が浅いレースであるにも関わらず、歴代勝ち馬にはサプライズパワー、アローセプテンバー、ネームヴァリュー、ナイキアディライトなど、一流馬が並ぶレベルの高いレース。南関東の古馬マイル重賞は6レースしかなくレース間隔が十分あるので、今年もトップクラスのマイラーがずらりと顔をそろえるはず。

 多彩なイベントも用意されているが、注目したいのは京成線とのコラボ企画だ。6月上旬から京成線で配布されるミドリのチラシを持参すると、キャンペーン中の入場が無料になったり、豪華景品が当たる抽選会に参加できたりと、特典が盛りだくさん。沿線の方は、ミドリのチラシをお忘れなく!

関連タグ:競馬


エンタメ新着記事

» もっと見る

わくわく地方競馬

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP