菜乃花 2018年10月04日号

不祥事連発! NHK史上最大の「4月編成」番組表を公開する(3)

掲載日時 2016年03月03日 16時00分 [芸能] / 掲載号 2016年3月10日号

 三つ目のサプライズ案は月曜から木曜日の22時から始まる『クローズアップ現代』だ。30〜40代の女性キャスター7人を投入し、視聴率でも競わせるという。
 「古舘伊知郎が降板してリニューアルされる『報道ステーション』(テレ朝)はビビりまくっている。女性キャスターを全面に出すNHKの試みがどう化けるのか、テレビ界が注目している」(ニュース番組関係者)

 さらに、ここにきて民放関係者を慌てさせているのが、NHKの時流に逆らったやり方だ。潤沢な制作費にモノを言わせて人気芸人やタレントらの囲い込みを始めたのだ。
 「以前はNHKの出演料は激安などと噂されていたが、それは大昔の話です。最近はNHKも反省したのか出演料の交渉で民放並みということを、ことさら強調するようになったんです。結果、民放では絶対に実現できないキャスティングが成立するというわけです」(NHK事情通)

 実際、NHKの地上波及び衛星波の番組表を見みれば一目瞭然だ。
 『ブラタモリ』のタモリや、『鶴瓶の家族に乾杯』の笑福亭鶴瓶、『となりのシムラ』の志村けん、『探検バクモン』の爆笑問題、『LIFE!』の内村光良、『着信御礼!ケータイ大喜利』では今田耕司や板尾創路、千原ジュニアが出演している。

 最近、出演者辞退が相次ぐNHK紅白歌合戦やドラマなども一様に出演料の底上げを始めているというから驚きだ。
 「過去は貢献度によってギャラを決めていたが、キャスティングが優先になってきた。民放に勝つためであることは言うまでもない」(前出・NHK関係者)

 NHKが一転、視聴率至上主義に転換した理由は籾井勝人会長の指示だ。
 「タクシー券の横領や子会社の架空請求事件など、相次いで発覚したNHKの不祥事で“籾井会長降ろし”が再び声高に叫ばれているんです。そんな批判をかわすためですよ。国民から支持される=視聴されるNHKという方針を打ち出した。企業努力をアピールするのに視聴率アップはまたとない好材料なんです」(前出・NHK事情通)

 すでに人気芸人やタレント、俳優の売り込みがNHKに殺到している。民放局はまさに正念場を迎えているのだ。

関連タグ:NHK

芸能新着記事

» もっと見る

不祥事連発! NHK史上最大の「4月編成」番組表を公開する(3)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP