彩川ひなの 2018年7月5日号

長澤まさみが『フジ』を救う! “ノーブラFカップ”爆乳予告映像(月9)の衝撃

掲載日時 2018年03月14日 20時00分 [芸能]

長澤まさみが『フジ』を救う! “ノーブラFカップ”爆乳予告映像(月9)の衝撃

 えっ、長澤まさみ(30)が、フジを救う? 有り体に言えば“ノーブラFカップ巨乳”で、視聴率をもぎ取るのだとか…。長澤がフジテレビ系連ドラ「月9」救済のためにひと肌もふた肌も脱ぐというのだ。
 「低迷続きで廃止説が強まっていた月9ですが、現在放送している芳根京子主演『海月姫』も2月26日放送の第7話で、ついに視聴率4.9%と壊滅的水域に突入しました。4月スタートの『コンフィデンスマンJP』が平均15%以上をとらなければ月9打ち切り、という方針がフジ幹部の間で固まりつつあるのです。つまり、命運は長澤の“両爆乳”に懸かっているというわけです」(芸能記者)

 危機的状況の中、2月19日に、30秒程度の予告編特報映像をウェブに公開。やはり、視聴者を“エロ釘付け”にして数字を奪いにいくことが判明したのだ。
 「長澤が女詐欺師を演じ、秘書やキャビンアテンダント、海外大物女優などに扮して悪い人から大金をだまし取る物語。七変化のコスプレが見どころですが、特報映像を見る限り、“爆乳攻勢”は想像以上になりそうです。キャビンアテンダント姿の際は乳房を揺らしまくり、和服の際はポロリ寸前まで右肩を悩殺露出。さらに海外女優に扮したドレス姿の際は、ノースリーブの胸元からFカップがこぼれそうになる。ほかにも札束を抱えて飛び跳ねまくり、ボインが激揺れするシーンもあった。とにかく爆乳をフル活用した“ブルンブルン”で引きつける作戦でしょう」(同)

 さらなる秘策も用意しているというから、興奮もの。
 「スタッフに“撮影中はノーブラでやりますよ。もしポッチが浮き出たら、逆に話題になるじゃないですか”とプロ意識をのぞかせており、月9を“ノーブラFカップ救済”する気満々なのです」(フジ関係者)

 露出だけではない。“狂気の長澤”も、ひさびさに見せるようだ。昨年7月公開された、米ブランド『アンダーアーマー』のウェブCMで、頭を振りまくって踊る衝撃演技を披露し話題騒然となったが、あのクレージーぶりをドラマでも解禁するというのだ。
 「予告特報映像でも、やたらとハイテンションで躍動するシーンが流れていました。Fカップ攻撃同様、何かに取り憑かれたように踊りまくる演技も見せてくれそうですね」(スポーツ紙記者)

 長澤は昨年12月、同作品の主演決定が発表された際、メディアに向け「今を頑張らなくして、この先はない、という覚悟で挑みます」と、まるで戦場に行くような悲愴な決意をコメントしていたほど。
 「これは、視聴率をとるためには何でもする、という意思表示にほかならない。とにかく、数字のためならおっぱい露出さえ辞さない意気込みです」(同)

 序盤での爆乳攻勢がイマイチなら、過激濡れ場シーンぶっこみも構想にあるという。なるほど、これは観ないという選択はない。

芸能新着記事

» もっと見る

長澤まさみが『フジ』を救う! “ノーブラFカップ”爆乳予告映像(月9)の衝撃

Close

▲ PAGE TOP