鈴木ふみ奈 2018年11月1日号

初回がコケて大幅な軌道修正が必要になった有村架純の主演ドラマ

掲載日時 2018年10月11日 07時20分 [芸能]

初回がコケて大幅な軌道修正が必要になった有村架純の主演ドラマ
有村架純

 9日に放送された女優の有村架純(25)主演のTBS系ドラマ「中学聖日記」の初回の平均視聴率が6・0%だった。

 人気コミックを原作に、片田舎の中学校を舞台に有村演じる女性教師・末永聖が、婚約者がいながらも、赴任先で出会った不思議な魅力を持つ中学生・晶に心惹かれていくヒューマンラブストーリー。

 晶役には昨夏まで高校球児だった新人俳優・岡田健史(19)が抜てきされていた。

 「ドラマの放送前、有村は同局の番組に出て番宣しまくった。女優としての実績も知名度も申し分ないにもかかわらず、あまりの低調な数字。制作サイドも有村の事務所幹部も落胆しているでしょう」(芸能プロ関係者)

 有村の事務所の先輩・山口紗弥加(38)の初主演ドラマ「ブラックスキャンダル」は木曜深夜の放送にもかかわらず、4日放送の初回は4・3%を記録。

 有村のドラマはゴールデン・プライム帯の火曜午後10時の放送。山口のドラマと比べても、なかなか厳しい数字となったが、その背景には制作サイドの“忖度”があるようだ。

 「昨年、有村の主演映画『ナラタージュ』でかなり激しい濡れ場にしたところ、事務所サイドからクレームが入ったというのは有名な話。そのため、今回のドラマでも出し惜しみしそうです。実際、第1話では岡田とキスしそうでしませんでした。このままだと明らかに軌道修正が必要。たとえば、有村の恋人の謎の上司役を演じる吉田羊は第1話でバイセクシャルであることをカミングアウト。吉田の役に有村演じる主人公が“寝取られ”されそうになり2人が濃厚なキスをするシーンなど、あらぬ方向に向かえば数字も跳ね上がりそうです」(芸能記者)

 有村にとって試練のドラマになりそうだ。

芸能新着記事

» もっと見る

初回がコケて大幅な軌道修正が必要になった有村架純の主演ドラマ

Close

▲ PAGE TOP