菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 綾瀬はるか(32) 好きな男には自ら仕掛ける!?

掲載日時 2017年11月10日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年11月16日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 綾瀬はるか(32) 好きな男には自ら仕掛ける!?

 今回は、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)で主役を務めている、女優の綾瀬はるか。
 20代の頃と比べ、吊り上がりの眉の眉頭の位置がやや高くなっておとなしめになり、細く作るようにもなって、女性度が増した。
 その反面、性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の膨らみが弱まり、エロスのポテンシャルは落ちている。

 唇が厚く、情愛は濃厚。特に他者愛・能動愛を示す上唇が、自己愛・受動愛の下唇より厚いほどで、「待つ女」ではなく、好意を持った異性には自分から仕掛けていく。
 唇に歓待紋(細かな縦皺)が多く、厚い上唇ともあいまって、フェラチオなど、相手男性への奉仕愛戯を惜しまない。
 彼女は若い頃から眼光に媚や淫があまりなく、目力が強めで、生来的な性愛の傾向は、カラリとしてやや淡泊。【淫乱度】としては「3」と観る。
 ちなみに、彼女のように耳廓(耳の内側の波打った部分)が出っ張っているのは、(絶頂時などで)膣収縮の強い相。我が強く、行動力もあるため、古来、後家相(結婚に失敗する相)とされている。
 口が大きめで、口相にも勢いがあり、総じてタフ。ただ金甲(小鼻)の張りがやや弱く、もみあげのエリアが狭いところもマイナス要素で、【絶倫度】も「3」。

 鼻下が極端に短いのは、その場の気分や感性でセックスに突っ走る、尻軽相の代表格。ややまくれ気味の唇も尻軽要素だ。
 以前は、笑うと左頬に片エクボができ、これも男性の誘惑に弱い相だったのが、30代になったあたりから出なくなった。それでも、【尻軽度】は「4」と高い。
 膣道の断面と一致するとされる、耳の穴の手前の溝が広めながら、口元の肉付きが(特に上唇側)が豊かで、口角(唇の両端)が自然に上がっており、後天的な締まりは良好だ。
 トータルで観て、【名器度】は「3」。
 あげまん相がほとんどなく、冒頭に書いた、眉相と臥蚕相の変化が辛うじてプラス要素で、【あげまん度】は「2」と低めだ。

 彼女は目間が狭く、険相ながら集中力があり、アゴ先が前に突き出ているのは、女性でも仕事に情熱を注ぎ続ける相。耳が小さいところも、安定(結婚)指向ではなく、仕事を捨てて家庭に逃げ込むタイプではないことを示している。
 エラから頬、アゴ先にかけての肉付きが乏しく、家庭運はいいとは言えず、なおのこと仕事に軸足がかかっていく。
 彼女は鼻相に特徴があり、鼻筋が太くて、文字通り鼻っ柱の強い相。段鼻でもあって、こちらも(前述の耳廓同様)後家相だが、晩婚ほど凶意が弱まるので、決して結婚を焦ってはならない女相だ。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 綾瀬はるか(32) 好きな男には自ら仕掛ける!?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP