菜乃花 2018年10月04日号

貞淑美女タレントの性白書 石橋杏奈 楽天・松井投手の“決め玉”を受け入れたポスト石原さとみ(1)

掲載日時 2018年06月30日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2018年7月5日号

貞淑美女タレントの性白書 石橋杏奈 楽天・松井投手の“決め玉”を受け入れたポスト石原さとみ(1)

 「いくら“ポスト石原さとみ”とはいえ、“カレ氏を作る”ことまでマネするとは思いませんでした。事務所関係者は頭を抱えています」(芸能レポーター)

 正統派美人女優として評価の高い石橋杏奈(25)とプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの松井裕樹投手(22)の“ホテル密会”が明らかになった。
 「5月下旬、『セ・パ交流戦』が始まる前日、松井投手が滞在するホテルにコンビニ袋を手にマスク姿の石橋が現れ、2人がエレベーターに乗り込む姿がキャッチされたのです。そして、16時間の“密室デート”を楽しんだ後、彼女は地下鉄で帰ったというものです。なお、コンビニ袋の中にはコンドームが入っていたのではないかという怪情報も流れました」(芸能ライター・小松立志氏)

 共通の知人の紹介で知り合ったという2人。
 「交際はすでに1年以上。石橋は忙しい合間を縫って松井投手の試合を観戦しています。今年3月には、東京・新宿界隈でデートする姿が複数目撃されています」(スポーツ紙記者)

 不調から、6月7日に出場選手登録を抹消された松井投手だが、石橋との交際が大きな支えになっているという。
 「このまま二軍にいたら、“彼女のせい”と言われますからね。石橋も物心両面で松井投手を励ましています」(同)

 そもそも、2人が交際するきっかけとなったのは、石橋の“野球好き”にあるという。
 「2、3年程前から、友人・知人に“野球選手を紹介して”とお願いしていたそうです。ま、松井投手は意中の球団の選手ではなかったんですけどね」(芸能プロ関係者)

 さて、石橋は1992年7月12日、福岡県生まれの25歳という“やりたい”、いや結婚適齢期。
 「上に兄、下に弟がいる3人きょうだいの真ん中。彼らが野球をやっていた関係で、杏奈も野球が大好き。プロ野球は当然、福岡ソフトバンクホークスの大ファン。中でも、ショートを守る今宮健太選手がお気に入りなんです。そういえば、松井選手は今宮選手に顔立ちがよく似ていますね」(前出・小松氏)

 彼女が昨年、ホークスの開幕戦始球式で見事な投球を見せたことは記憶に新しいところだが、芸能界にも強い憧れを持っていた。きっかけは“1枚のポスター”だったという。
 「地元のゲームセンターに『ホリプロ・タレント・スカウトキャラバン』参加者募集のポスターが貼ってあったそうです」(アイドル雑誌編集者)

 そこには、榊原郁恵、深田恭子といった歴代受賞者の名前も載っていた。
 「なぜ、深キョンたちが芸能人になったのかを知らなかった杏奈は、“へえ〜、これがきっかけだったんだぁ〜”と一気に親近感を覚え、応募する気になったそうです」(同)

 そして、アレヨアレヨと言っているうちに、応募総数3万8224人の中から見事にグランプリを獲得。石橋は、この喜びを、
 「うれしいばい」
 と博多弁で表現した。
 「2006年のことでした。審査員から『完璧な顔立ち』と高い評価を受け、グランプリに輝きました。本来、女優にとって『抜群の美人であること』と『親しみやすさ』は両立しにくいとされてきましたが、彼女の場合は、それが可能ではないかと予感させてくれたのです。石原さとみはもちろん、井森美幸や山瀬まみもスカウトキャラバンを経て芸能界入りしましたが、杏奈はいい意味で“異質”であることがよく分かると思います」(中堅プロダクションマネージャー)

 最終審査では、水着姿で得意のヒップホップダンスを披露した石橋。
 「変に格好をつけたり、すかしたところもなく、一心不乱に踊ったことで好印象を持たれたそうです。また、その“目力”もインパクトを与えたのです」(テレビ局関係者)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 石橋杏奈 楽天・松井投手の“決め玉”を受け入れたポスト石原さとみ(1)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP