菜乃花 2018年10月04日号

ボートレース 『SGグランドチャンピオン』の見どころ

掲載日時 2017年06月19日 13時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年6月29日号

 「SGの中のSG」と称される『SGグランドチャンピオン』。SG初出場が物理的にあり得ない唯一の競走である。今年の開催地はボートレース鳴門で6月20日より6日間にわたって争われる。ここではその見どころについて紹介していく。

 開催地・鳴門の「徳島支部」からは、残念ながら出場選手はゼロ。従って、水面慣れの有利不利はほとんどない面子での勝負となる。

 今年は15節走って13優出、優勝5回、勝率8.57でほとんどが全国1位という素晴らしい成績を残している吉川元浩を真っ先にお勧めしたい。
 当地では今年2月に初優勝を飾り、後の24場制覇へ大きな弾みをつけた。ただ、活躍の中心は一般戦であり、獲得賞金額は1666万円(6月6日現在)。SGで結果を残して年末の大一番へ賞金順位もジャンプアップしたいところだろう。今年の充実ぶりなら優出戦線からは外せない。

 対して、鳴門周年記念の前回覇者である菊地孝平も有力。今年は地元浜名湖周年を制し、SGのオールスターでも優出2着と堅調。賞金順位4位につけている。
 また、水面実績でいえば松井繁も抜群。鳴門水面のデータはGI優勝4回が物語る。3年ぶりのSG制覇へ期待が膨らむ。

 伏兵不在、誰もがモーター抽選次第で優勝候補筆頭になりうる豪華メンバーによる6日間。鳴門水面を舞台に繰り広げられるこの6日間から目が離せない!

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

ボートレース 『SGグランドチャンピオン』の見どころ

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP