菜乃花 2018年10月04日号

貞淑美女タレントの性白書 美保純 ピンクのカーテンに隠された奇跡の五十路女性器を剥ぐ!(1)

掲載日時 2017年04月16日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2017年4月20日号

貞淑美女タレントの性白書 美保純 ピンクのカーテンに隠された奇跡の五十路女性器を剥ぐ!(1)

 「大晦日の『紅白』の司会に大抜擢なんてことになれば面白いんですけどね」(芸能関係者)

 4月スタートのNHK新番組『ごごナマ』(月〜金、午後1時5分〜)で俳優・船越英一郎とともにコンビを組む女優の美保純(56)。
 「2人は月曜から木曜までの担当ですが、業界内からは早くも“NHKはチャレンジャー”との声が多く上がっています。これまで安定した数字を残してきた『スタジオパークからこんにちは』をブッ壊した上に、“暴言キャラ”の美保の起用ですからね。そう見られても仕方ありません」(芸能記者)

 放送前に行われた会見で美保は、
 「下ネタは、“寸止め”に慣れているから大丈夫です。“アレのことか!?”と分かるくらいに信号を送りたいと思います」
 と余裕の笑顔で抱負を述べていた。
 「そうしてくれたらいいんですけど、“生の情報番組”で、それが本当にできますかね。裏には宮根誠司の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)や、このところ『ミヤネ屋』に肉迫して来ている『ゴゴスマ』(TBS系)、そして、安藤優子キャスターが仕切る『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)が控えていますから、数字(視聴率)を取ることは容易ではありません。しかも、美保純という“爆弾”を抱えているのですから、スタッフの気苦労は想像を絶するものがあると思います」(プロダクション関係者)

 “暴言キャラ”は、平日夕方の情報番組『5時に夢中!』(東京MXテレビ)などで遺憾なく発揮されてきた。
 例えば、女性ならではの“脱毛”の話題に触れると、
 「私も脇からいって、下も気になる。やっぱりショーツが小さくなるにつれ、カットするのが面白くなっちゃうんですよね。自分でお扇子みたいな形にするのか、味付け海苔みたいにするのか…自分でイメージしていくんです」
 とアケスケトーク全開。
 「いやいや、こんなのはまだ序の口です。“マネージャーが、売れない出だしのグラビアアイドルを自宅に襲いに行っていた”“私がそのマネージャーを全部クビにしてたの”などと、芸能界の“枕営業”についても言及しちゃうんですからね。これに比べたら、『あさイチ』(NHK)の有働由美子アナの“下ネタトーク”などカワイイものです」(芸能レポーター)

 その美保純は1960年8月4日、静岡県静岡市生まれの56歳。
 「芸名は羽衣の松で有名な“三保の松原”にちなんで名付けられました。本名は曽根ちよ美。父親は木工家具職人。3人兄姉の末っ子として育ちました」(芸能ライター・小松立志氏)

 3歳上の姉は、長女らしく徹底して祖母に鍛えられ、家事や家業を手伝わされたが、末っ子の美保は、すっかり放任されて育ったという。
 「中学時代には早くも細眉にして、髪も自分でシャギーにカットしていたそうです」(同)

 それでも高校は奇跡的に? 地元のお嬢様学校に入学。
 「しかし、水が合わなかったのか、たった3カ月で退学してしまったそうです」(テレビ局関係者)

 ここからしばらくはバイト三昧の日々。
 スーパーを手始めに、てんぷら屋、甘栗屋、ジューススタンド、ハンバーガーショップ、デパートの地下食品売場などで働いたという。

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 美保純 ピンクのカーテンに隠された奇跡の五十路女性器を剥ぐ!(1)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP