岸明日香 2018年12月20日号

巨人・杉内投手引退でエースナンバー「18」はドラ1のあの投手!?

掲載日時 2018年09月20日 06時10分 [スポーツ]

 先ごろ、読売ジャイアンツのエースナンバー「18」を背負っていた杉内俊哉投手が現役引退を表明した。

 背番号「18」といえば各チームのエースが付ける番号。巨人の長い歴史の中でも、過去にスタルヒン、前川八郎、中尾輝三、近藤貞雄、藤田元司、堀内恒夫、桑田真澄、そして杉内と、たった8人しか背負ったことのない伝統のナンバーである。

 「次の話題は『18番を誰が付けるのか』ということになってきます。今のところは、実績から言えばこの6年、フル回転で毎年二桁勝利を挙げている菅野智之投手になる可能性が大きい。しかし、桑田のときのように『期待の大型新人』に18番を与えることもある。すべてはシーズンオフに決まることですが、そのときは大きな関心を呼ぶことでしょう」(スポーツライター)

 巨人の「18」番を背負う投手には、常勝が義務付けられる。

 「特に巨人の18番は打者との真っ向勝負が求められる。やはり技術、勝負度胸、プロ根性からいって、菅野でほぼ決まりでしょう」(同・ライター)

 ネット上では、「もう18番は永久欠番にした方がいい」「18番にふさわしい投手は今の巨人にはいない」「生え抜きでマトモに活躍しているのが菅野しかいないからな」「今度のドラフト1位の投手が背負うのが自然だろう」などと書き込みが広がっている。

 「チーム内部でもこの話題が囁かれ始めました。もしも金足農業高校の吉田輝星選手がドラフト1位で巨人に来たら、間違いなく18番を付けるだろうといわれています。まあ、本人がプロを志望し、巨人が指名したらの条件付きですが」(同)

 巨人の18番は誰にとっても重いものだろう。来年、誰が伝統の番号を背にマウンドに立つのだろうか。


スポーツ新着記事

» もっと見る

巨人・杉内投手引退でエースナンバー「18」はドラ1のあの投手!?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP