森咲智美 2018年11月22日号

突然の発作…『パニック障害』を克服した芸能人たち

掲載日時 2018年11月09日 21時15分 [芸能]

 ジャニーズの人気グループ『King&Prince』の岩橋玄樹が、パニック障害の治療に専念するため休養を発表したのは10月26日のこと。

 「特別なきっかけや理由なく、普通に暮らしていた人がある日突然、発作に襲われる。忙しい現代人なら誰でもかかる可能性のある病気です」(都内クリニック医師)

 ストレス、プレッシャーの大きな人がなりやすく、激しい不安を突然感じ、動悸、発汗、めまい、呼吸困難などの症状が出るという。

 「10月19日放送のドキュメント番組『Ride on Time』(フジ系)で、岩崎本人がパニック障害を告白していました。いきなりの発表でファンがショックを受けないように、ワンクッション置いたのでしょうね」(芸能ライター)

 岩橋は12月から出演予定だった舞台『JOHNNY’S King&Prince IsLAND』を休演。復帰時期は未定で、まずはゆっくり休んでほしいところだが、実は芸能界では、このパニック障害を経験した人は結構多い。

 「事務所の先輩である『KinKi Kids』の堂本剛は、2003年のコンサート中に倒れたことをきっかけに、ジャニーズの公式携帯サイトでパニック障害を告白。同年、出版された自著の出版会見でも病気についてコメントしています。アイドルとしての活動がストレスだったのか、ソロで音楽活動をしてから症状が改善されたといいます」(芸能ライター)

 他にはこんな人たちもいる。
「お笑い兄弟コンビ『中川家』の兄、剛は02年に『M1グランプリ』初代チャンピオンになる前の1997年ごろ、電車に乗ると苦しくなる症状が出て、不安になりやすい急行、特急を避け、普通電車で1駅ごとに乗り降りして仕事場に向かっていました。女優の大場久美子は実母の死去の翌日から発症。タレントの長嶋一茂も先日、『ワイドナショー』で経験者として岩橋にアドバイスを送っていました」(同・ライター)

 それぞれが克服して現在に至っている。岩橋もいずれ復帰できることだろう。

芸能新着記事

» もっと見る

突然の発作…『パニック障害』を克服した芸能人たち

Close

WJガール

▲ PAGE TOP