紗綾 2019年8月1日号

森川夕貴 大注目のテレ朝・女子アナ“報道ステーション”のセクシー度

掲載日時 2019年04月04日 21時30分 [芸能] / 掲載号 2019年4月11日号

 テレビ朝日が放送する夜の看板ニュース『報道ステーション』が、注目度を急上昇させている。
「10月から小川彩佳アナ(34)に代わって徳永有美(43)がキャスターに就任しましたが、内村光良との不倫過去にアレルギーを起こす視聴者がまだいるようで、批判的な意見も目立っていました。それが、1人の女子アナの存在によって、完全にカバーされているようです」(テレビ雑誌記者)

 その女子アナとは、'16年入社の森川夕貴アナ(25)である。
「入社直後の4月から報ステのお天気キャスターに就任した彼女は、落ち着きのある仕事ぶりが評価され、昨年秋からキャスターの1人に昇格しています」(テレビ雑誌記者)

 彼女の魅力は、一部のテレビ関係者が「あれはカトパン以上」と絶賛するスタイルと美貌にあることは、言うまでもない。
「166センチの長身は、ちょうどカトパンと同じ。カトパンはEカップの持ち主として知られていますが、胸の方も、まさにE〜Fカップと負けていません。しかも、衣装のほとんどがボディーに張り付くピッタリしたニット。ノンワイヤーのブラを愛用していますが、その分、胸の柔らかな質感や重量感が手に取るようで、結局、胸にばかり目が奪われてしまいます」(同)

 もはや、「ニュースが耳に入らない!」という声がSNSに溢れる事態となっているのだ。
「小川アナは、番組内でチラ見せがお得意でしたが、森川アナは、ボード解説時の胸揺れなどが加速しています。先日は、気温が上がるという天気予報を受け、ニットを引っ張り、パカパカと胸に風を送り込むような仕草をする大サービスで、視聴者をザワつかせています」(同)

 カトパンが爽やかなお色気が持ち味であるのに対し、
「森川アナは、まだ25歳にして、落ち着いた大人の女のしっとりとしたお色気を感じさせ、男好きする雰囲気もあります」(芸能記者)

 仕事よし、顔よし、ボディーよし。どうか、テレ朝女子アナ伝統(?)の不倫スキャンダルで失脚、なんてことがありませんように。

関連タグ:妖艶美女


芸能新着記事

» もっと見る

森川夕貴 大注目のテレ朝・女子アナ“報道ステーション”のセクシー度

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP