上戸彩“進化するママ巨乳”見どころマン載『半沢直樹2』いよいよスタート!

芸能・2020/07/12 12:00 / 掲載号 2020年7月16日号
上戸彩“進化するママ巨乳”見どころマン載『半沢直樹2』いよいよスタート!

上戸彩

閉じる

 女優の上戸彩が、7月19日にスタートが決まったTBS系連ドラ『半沢直樹』第2弾に、前作に引き続き重要役で出演。“進化するママ巨乳”で再び高視聴率ゲットを狙うという。

「『半沢直樹』は堺雅人が銀行マン・半沢役で主演し、第1弾が2013年7月期に『日曜劇場』枠で放送。半沢が“倍返しだ!”の決め台詞とともに、銀行内の不正を暴くストーリーがウケ、最終回は視聴率42.2%という驚異的な数字を出しました。第2弾は当初、今年4月期の予定でしたが、コロナ禍で延期に。6月21日に、初回が7月19日に決まったことが発表され、期待が高まっています。上戸は第1弾に続き、半沢の妻役で出演します」(放送記者)

 上戸は夫の『EXILE』HIROとの間に15年8月に第1子、19年7月に第2子をもうけた。第2子出産後、19年12月の『M−1グランプリ』(テレビ朝日系)決勝戦の司会でテレビの仕事復帰を果たしたが、長らく連ドラから離れており、約5年ぶりの出演となる。ママになり、ますますエロ成長している巨乳が第2弾成功のカギを握っているとの見方も強いのだ。

「『M−1』の司会で復活した際、胸から上がシースルーのセクシードレスで登場し、巨大化しているGカップ乳をお披露目して話題になりました。『半沢直樹』では、実は上戸の妻役を見るのを楽しみにしている男性視聴者がかなりいます。TBSとしては、第1弾以上の数字を取ることが目標で、上戸の“ママ巨乳”は強力アイテム。おっぱいを強調した夏向け衣装が期待され、そのエロスが視聴率を押し上げることは間違いないでしょう」(同・記者)

 上戸は2子の出産を終え、今後は女優業を本格再始動する意向を固めているというから楽しみだ。

「6月23日に『婦人公論』デジタル版にアップされたインタビューで、第2子出産後に周囲から“もっと仕事をした方がいい”と女優業再始動をプッシュしてくれたことを明かしていました。また『半沢直樹』第1弾での自身の演技について“お芝居も雰囲気も若かった”と分析。つまり、第2弾ではママとしての濃厚なセクシーさを織り込むことを示唆しているのです。“ドラマを見て『また明日から頑張ろう』と思っていただければ、すごくうれしい”と前向きに語っており、男性陣を“元気”にする気満々です」(女性誌記者)

 エロママ倍返しに期待だ!

関連記事
関連タグ
芸能新着記事