中島史恵 2019年6月6日号

茨城県水戸市大工町ソープ クイーンシャトー

掲載日時 2019年04月23日 23時00分 [エンタメ]

 ソープ街に活気がなくなって久しい。昼間から焼き肉食ってソープに出かけ、一杯飲んで帰るという酔狂な男たちを、すっかり色街で見かけなくなった。ソープ街と呼ばれる場所は全国にあるが、どこも歯抜けのように店鋪数を減らしている。

 ここ茨城県にも、「水戸の大工」との呼称で地元のスケベたちから親しまれるソープ街がある。数軒の店のネオンが灯る泡姫たちの街。一時はそれなりに活気もあったが、現在、往時の面影はない。そんなこの地に、巨大なソープランドの廃虚があった。宮殿を模した泡のお城で、その美的感覚はまさしくバブルである。

 驚かされたのは、その広さ。600坪の土地に建てられているだけあり、実に贅沢な空間だ。壁画、池、赤い絨毯と、いずれも豪華な造り。しかしこのお店、床に落ちていた料金表を見ると入浴料は1万円。すると、サービス料を入れても約2万円で遊べる店ということか。肝心の個室も東京では考えられない広さで、1フロア4室、この規模で全16室しかない贅沢さ。広いバスタブ、どんな無茶でもできそうな洗い場。

 しかし、この店は建物の規模と個室の広さが命取りに。大きな器は、部屋の稼動率が落ちれば、それだけで赤字。水戸の大工で、もっとも早い閉店となった……。

関連タグ:廃墟


エンタメ新着記事

» もっと見る

茨城県水戸市大工町ソープ クイーンシャトー

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP