菜乃花 2018年10月04日号

「私は誰でしょう!?」日本相撲協会公式ツイッター出題のクイズが話題

掲載日時 2018年08月02日 20時21分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

「私は誰でしょう!?」日本相撲協会公式ツイッター出題のクイズが話題

 先月29日の岐阜県を皮切りに、その日程がスタートした大相撲夏巡業。北は北海道から南は滋賀県まで、全国津々浦々を巡るスケジュールが組まれており、今月26日の最終日までそれは続いていく。

 記録的な猛暑がなかなか衰えを見せない中、稽古やファンサービスに精力的に取り組んでいる力士たち。日本相撲協会公式ツイッターは、その模様を逐一ツイートしてくれているのだが、今月1日のツイートの中には、これまでに無かったユニークな内容が含まれている。

 午後16時32分から50分の間に投稿された16本のツイート。そこでは「私は誰でしょう!?」という言葉と共に、うちわで顔を隠した人物が動画で登場。数秒の間の後に自らの正体を明かし、最後は大相撲9月場所の前売り開始日(8月4日)の告知で締めくくられている。

 突如として始まったこの人物当てクイズには、総勢15名が出題者として登場している。クイズという性質上、誰が登場しているのかについての詳細は割愛させていただくが、現役の横綱を筆頭にバラエティ豊かな面々が顔を揃えており、中には力士以外の人物も含まれている。

 ちなみに、筆者がこのクイズに挑戦してみたところ、正解できたのは15名中7名。またこの内、声だけで判別できたのは4名で、あとの3名は体格や着ている浴衣を含めないと判断ができなかった。もちろん筆者の力不足もあるだろうが、全問正解するというのはかなりハードルが高いのではといった印象だ。

 全てのツイートを合計すると、確認時点で「いいね」が7864件、「リツイート」が1379件記録されている一連のクイズ。本日以降も出題が続けられるのかについては明らかにされていないが、前述の通りなかなかの反響を呼んでいるということを考えると、今後新しい問題が追加される可能性もあるのかもしれない。

 好角家たちにとって、長年培った相撲愛が大いに試される場である「私は誰でしょう!?」クイズ。“利き力士”に自信があるという方は、ぜひ一度挑戦してみてはいかがだろうか。

文 / 柴田雅人

関連記事
「相撲ダメだな」元横綱朝青龍、横綱全員不在の7月場所に“物言い” SNSでは賛否
勝ち星・内容で高いハードル 9月場所の御嶽海が臨む大関取り
それは“慣習”ではなく“悪習” 高安対御嶽海戦でも投じられた座布団
ここを乗り切れば期待大 御嶽海が越えなければならない“鬼門”の11日目
優勝戦線異常あり?2連覇中の横綱鶴竜が序盤5日でまさかの2敗

スポーツ新着記事

» もっと見る

「私は誰でしょう!?」日本相撲協会公式ツイッター出題のクイズが話題

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP