祥子 2019年5月30日号

池袋自動車事故、自動車に異常なしで「操作ミス」の可能性高まる 「なぜ逮捕されないのか」の声も

掲載日時 2019年05月08日 12時26分 [事件] / 提供元 リアルライブ

池袋自動車事故、自動車に異常なしで「操作ミス」の可能性高まる 「なぜ逮捕されないのか」の声も

 7日、4月19日に東京・池袋で運転していた自動車を暴走させ、親子2人を死なせたうえ多数の重軽傷者を出した事故に進展があった。

 旧通産省工業技術院元院長は、4月19日の事故後、警察の取り調べに対し、「アクセルが戻らなくなった」と説明していたが、7日になり、警察が自動車の機能検査を実施した結果、アクセル・ブレーキともに異常なしと判定したことが判明したのだ。

 この結果、元院長の主張は虚偽で、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」可能性が極めて高まり、警察は7日までに元院長の自宅などを自動車運転処罰法違反の疑いで家宅捜索したことが明らかとなった。なお現在も、元院長は事故時に負った怪我のため入院中とのこと。そして、逮捕されるか否かについてはわかっておらず、従来通り「逃亡・証拠隠滅の可能性がないため逮捕しない」方針であるものと見られている。

 事故時、「ブレーキが戻らなかった」などと、事実上「乗っていた自動車に欠陥があった」と主張していた元院長だが、違っていたようだ。本人が誤認識をしていた可能性が高いが、主張は「言い逃れ」のようにも取れる。仮に後者だった場合は、「証拠隠滅の恐れがある」とも思えてしまう。

 今回の新事実発覚や、ゴールデンウィーク中にも自動車の操作ミスによって「逮捕」された人物が複数出ただけに、ネットユーザーからは「元院長を早く逮捕するべきだ」「勲章をもらっていれば逮捕されない世の中なのか」など怒りの声が上がる。

 また、「病院で悠々自適な生活をしているのは許せない」「入院が長すぎる。逃げているだけなのでは」という声や、「死亡した妻子も生きていればゴールデンウィークを楽しんでいたはず。そう考えると許せない」「妻子の夫が不憫ならない」と遺族に対する同情の声も上がっている状況だ。

 平成最後の月に発生したこの事故。未来ある子供と、成長を楽しみにしていた母親の生涯を奪っておきながら、逮捕されない事案は「史上最も胸糞の悪いニュース」とまで言われている。今後、警察がどのように捜査を進めていくのか、日本国民は注目している。

関連記事
池袋自動車暴\走事故、犯人はなぜ逮捕されない? 遺族男性も記者会見で「罪を償ってほしい」と訴え、世間は警察にも怒り
高木美保、池袋死傷事故に涙も「85歳の親の免許は返納させてない」 ネットから違和感の声
「愛しているからこそ罰を…」“妻への正しい暴\力”動画をアップ、社会学者に批判殺到
「免許を取り上げなかった娘や息子にも怒り」百田尚樹氏、池袋暴\走事故犯人と家族を厳しく糾弾で賛否
“上級国民だから逮捕されない”の声も 2人を犠牲にした池袋暴\走事件の犯人と警察の対応に国民の怒りが爆発

事件新着記事

» もっと見る

池袋自動車事故、自動車に異常なしで「操作ミス」の可能性高まる 「なぜ逮捕されないのか」の声も

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP